上昌広

上昌広

(かみ・まさひろ)
医療ガバナンス研究所理事長

プロフィール

1968年生まれ。特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長。医師。東京大学医学部卒。虎の門病院や国立がんセンター中央病院で臨床研究に従事。2005年東京大学医科学研究所で探索医療ヒューマンネットワークシステムを主宰。16年から現職。著書に病院は東京から破綻する(朝日新聞出版)など
著者関連サイト
著者関連書籍
メディカルインサイト

上昌広の記事一覧

井上死刑囚から勧誘された医師が明かす「オウム真理教事件は受験エリートの末路」
井上死刑囚から勧誘された医師が明かす「オウム真理教事件は受験エリートの末路」
受験エリートの一つの末路だった――。教団元幹部7人の死刑が執行されたオウム真理教事件。当時、信徒には高学歴の若者が多く、事件にも関与していた。現役の医師で、東京大学医科学研究所を経て、医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、自身の経験をもとに「背景にあったのはリアリティーの乏しさ。私と入信した友人を分けたのはわずかな差」と振り返った。
オウム真理教
週刊朝日 7/11
医療報道はどこまで信頼できる? 現役医師が見るポイントとは
医療報道はどこまで信頼できる? 現役医師が見るポイントとは
自分や家族に医療が必要になったとき、望ましい医療を受けるには、患者自身が賢くなるほかない。患者のニーズは多様になり、医師も多様化している。現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、マスコミの医療報道について提言している。
がん病気病院
dot. 2/23
「がんで死ぬのが最高の死にかた」なのはなぜか? パターナリズム医療の終焉
「がんで死ぬのが最高の死にかた」なのはなぜか? パターナリズム医療の終焉
自分や家族に医療が必要になったとき、望ましい医療を受けるには、患者自身が賢くなるほかない。患者のニーズは多様になり、医師も多様化している。現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、終末期のニーズについて提言している。
朝日新聞出版の本病院
dot. 2/9
密室で決まる大学病院の教授人事 「相応しい人物」が選ばれない理由とは?
密室で決まる大学病院の教授人事 「相応しい人物」が選ばれない理由とは?
東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、教授会の人事について提言する。
朝日新聞出版の本病院
dot. 2/2
国が推進する「総合診療医」を、現役医師がオススメしない理由
国が推進する「総合診療医」を、現役医師がオススメしない理由
東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、医学生にも人気の「総合診療医」について解説している。
朝日新聞出版の本病院
dot. 1/26
『がんと闘うな』で賛否の近藤誠医師を信じるべきか 医師の見解は?
『がんと闘うな』で賛否の近藤誠医師を信じるべきか 医師の見解は?
東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、医療におけるエビデンスについて解説する
朝日新聞出版の本病院
dot. 1/5
いい医師は患者とLINEやFacebookでつながる!? ICTを駆使した信頼関係の必要性とは 
いい医師は患者とLINEやFacebookでつながる!? ICTを駆使した信頼関係の必要性とは 
東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、前回に続いて「主治医の条件」について持論を展開する。
朝日新聞出版の本病院
dot. 12/29
平等な医療は「もはや建前」 現役医師が教える「信頼できる主治医を見つける方法」とは?
平等な医療は「もはや建前」 現役医師が教える「信頼できる主治医を見つける方法」とは?
東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、「主治医の条件」について持論を展開する。
朝日新聞出版の本病院
dot. 12/22
救急患者「たらい回し」の裏側 断らざるを得ない当直医の窮状とは
救急患者「たらい回し」の裏側 断らざるを得ない当直医の窮状とは
11月7日、香川県内の県立病院で昨年度、時間外労働が2千時間を超える勤務医がいたことが報じられた。県は背景に医師不足があるとし、医師確保に努めているという。だが、「妙案はない」とも。現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、医師不足が原因で患者を受け入れられない病院側の実情を、自身の経験をもとに打ち明けている。
朝日新聞出版の本病院
dot. 11/24
「医学部定員増」を骨抜きにした厚労省と医師会、医学部長たちの「打算」
「医学部定員増」を骨抜きにした厚労省と医師会、医学部長たちの「打算」
東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、「医師を増やさない理由」について言及している。
朝日新聞出版の本病院
dot. 11/10
1 2 3
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
カテゴリから探す
ニュース
〈国民と触れ合う皇室〉愛子さまは有言実行 抱き続けた「困難にある人を助けたい」 新社会人の抱負に込められた思い
〈国民と触れ合う皇室〉愛子さまは有言実行 抱き続けた「困難にある人を助けたい」 新社会人の抱負に込められた思い
愛子さま
dot. 17時間前
教育
悲嘆や逆境の連続だった紫式部が至った最後の境地 人生を見つめ、そして目覚めた先にあったものとは
悲嘆や逆境の連続だった紫式部が至った最後の境地 人生を見つめ、そして目覚めた先にあったものとは
朝日新聞出版の本
dot. 7時間前
エンタメ
〈「エンジェルフライト」きょう最終回〉米倉涼子や山本舞香の失速で「サバサバ系」女子の時代は終わるのか
〈「エンジェルフライト」きょう最終回〉米倉涼子や山本舞香の失速で「サバサバ系」女子の時代は終わるのか
宝泉薫
dot. 6時間前
スポーツ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
トラウトの“えげつなさ”際立つ、大谷は“ほぼ確実”か MLB現役選手「未来の殿堂入り」は誰だ
メジャーリーグ
dot. 10時間前
ヘルス
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
【胃がん内視鏡治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40 1位はがん研有明、2位は県立静岡がんセンター
いい病院
dot. 20時間前
ビジネス
〈1月公開映画化決定!〉「孤独のグルメ」久住昌之は、SNS映えするための料理撮影をどう思う? 「はやりは必ず廃れる」
〈1月公開映画化決定!〉「孤独のグルメ」久住昌之は、SNS映えするための料理撮影をどう思う? 「はやりは必ず廃れる」
孤独のグルメ
AERA 9時間前