新抗がん剤「オプジーボ」が胃がんでも国内承認 がんの縮小効果を確認

がん

2017/09/15 07:00

 進行胃がんに対する薬物療法では、従来の治療に加えて分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤など、新しい薬剤を取り入れた治療や臨床研究が進んでいる。また、薬物療法が手術を可能にすることもある。好評発売中の週刊朝日ムック「胃がんと診断されました」では、薬物療法の最新状況を取材した。

あわせて読みたい

  • 「乳がん」治療法が進化中 将来は手術回避の可能性も

    「乳がん」治療法が進化中 将来は手術回避の可能性も

    週刊朝日

    1/20

    本庶佑教授ノーベル医学生理学賞受賞 がん治療薬「オプジーボ」の奇跡とは?

    本庶佑教授ノーベル医学生理学賞受賞 がん治療薬「オプジーボ」の奇跡とは?

    週刊朝日

    10/2

  • 薬物療法で「胃がん」治療が変貌を遂げる?

    薬物療法で「胃がん」治療が変貌を遂げる?

    週刊朝日

    3/16

    医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

    医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

    dot.

    6/19

  • がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    AERA

    3/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す