没後30年 石原裕次郎さんが屈した肝細胞がんの最新治療

がん

2017/07/17 07:00

 昭和の大スター石原裕次郎さんが、この世を去ったのは30年前の7月17日。タフガイと呼ばれたた銀幕のスターも、舌がん、解離性大動脈瘤、そして死因となった肝細胞がんと病に苦しめられた人生でもあった。肝臓がんの治療は当時から飛躍的進化をみせ、手術に加え、放射線治療も選択枝となってきている。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2017』から読み解く。

あわせて読みたい

  • 肝臓がんにも「放射線治療」 局所制御率9割以上

    肝臓がんにも「放射線治療」 局所制御率9割以上

    週刊朝日

    11/21

    安倍政権・成長戦略の目玉 学会報告で「がん粒子線治療」の有効性に疑問符

    安倍政権・成長戦略の目玉 学会報告で「がん粒子線治療」の有効性に疑問符

    週刊朝日

    9/21

  • がん治療で活躍のロボット「ダビンチ」 保険適用広がりより“患者に優しく”

    がん治療で活躍のロボット「ダビンチ」 保険適用広がりより“患者に優しく”

    AERA

    2/9

    進化する「前立腺がん」の放射線治療 合併症リスク軽減で効果増!

    進化する「前立腺がん」の放射線治療 合併症リスク軽減で効果増!

    週刊朝日

    4/18

  • 肺がん治療で今注目は「陽子線治療」

    肺がん治療で今注目は「陽子線治療」

    週刊朝日

    12/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す