厚労省発表の「医師不足解消」 現役医師が指摘する重大な見落とし

朝日新聞出版の本

2017/06/04 07:00

 首都圏の医療システムは急速に崩壊しつつある。それには、患者だけではなく医師の高齢化も影響している――。現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から破綻する』で、「老老医療がやってくる」と指摘している。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す