本田真凛、世界ジュニア連覇に自信「去年の私が優勝できたなら…」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

本田真凛、世界ジュニア連覇に自信「去年の私が優勝できたなら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
世界ジュニア連覇の期待がかかる本田真凜(写真:Getty Images)

世界ジュニア連覇の期待がかかる本田真凜(写真:Getty Images)

 ジュニアの世界一決定戦となる「世界ジュニア選手権」が3月15〜19日、台北で行われる。日本女子は、昨季の世界ジュニア女王の本田真凜(大阪・関大中)、今季のジュニアグランプリファイナル銅メダルの坂本花織(神戸FSC)、白岩優奈(関大KFSC)らがエントリー。誰もがメダル候補というハイレベルな陣容で挑む。

 女子はここ4年ほど「日本vsロシア」の構図が続き、今大会も日本とロシアが表彰台を独占しそう。特に平昌五輪プレシーズンであることから、来季にシニアに上がる選手にとっては、この世界ジュニアでの表彰台が来季のジェットスタートのための必須条件でもある。世界ジュニア優勝者が、そのまま来季の五輪で頂点に立つことも夢ではない。

 日本女子で勢いがあるのは本田。昨季は、世界ジュニアの会場に来てからロシア女子2人がケガで棄権するという異例の展開のなか、ここ一番の好演技を見せて優勝を果たした。「ノーミスの演技をしたのは初めて。練習よりも良かった」と精神力の強さを示した一戦でもあった。

 女王のタイトルを獲ったことで自信をつけた本田は今季、2連覇に向けて“追われる立場”の難しさも経験した。全日本ジュニア選手権は、ショートで2位につけていたが、フリーでミスを連発して銅メダルに。精神面の課題を背負った。「フリーは、最初のジャンプで失敗した時に『もう勝てない』と思ってしまった。何があっても最後までやるべきでした。悔しいです」と肩を落とした。

 その悔しさをぶつけた16年12月の全日本選手権では、シニアのお姉さんに追い付けとばかりに4位。そして17年2月の全国中学校スケート大会は念願の優勝も果たした。世界ジュニアに向けては、アメリカでショートプログラムの振り付けをブラッシュアップし、表現力に磨きをかけた。「去年の私が優勝できたなら、今年も出来る。自信があります。いつも自信がある時は良い演技が出来るので」と本田。連覇にむけて意欲は満々だ。

 一方、坂本は高いジャンプ能力がみどころだ。スピードとパワーのある3回転フリップ+3回転トウループを武器に、今季のジュニアの試合はすべて表彰台に乗ってきた。今季にシニアデビューした三原舞依は一歳違いのチームメイトで、お互いの活躍が刺激になっている。世界ジュニア出場前には、三原から抱きしめられてパワーをもらったという。「平昌五輪出場を目標にしているので、ジュニアの試合は最後にしたい」と、表彰台を見据える。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい