東芝が半導体事業を一刻も早く完全売却すべき理由

企業

2017/03/14 07:00

 主力の半導体事業の分社化によって、東芝の今後が不安視されている。ところが、『日本の電機産業 失敗の教訓』(朝日新聞出版)の著者である佐藤文昭氏は、意外にも、今回の分社化を前向きに捉えているという。佐藤氏に、その真意を聞いた。

あわせて読みたい

  • 東芝、シャープの崩壊からみえた産業構造3つの問題

    東芝、シャープの崩壊からみえた産業構造3つの問題

    dot.

    3/14

    東芝崩壊を招いた“ダメ社長”たち 男の嫉妬は陰にこもる

    東芝崩壊を招いた“ダメ社長”たち 男の嫉妬は陰にこもる

    AERA

    4/12

  • 「技術と人材を守るべき」 専門家に聞いた東芝“再建”の可能性

    「技術と人材を守るべき」 専門家に聞いた東芝“再建”の可能性

    AERA

    4/13

    「売れるものは何でも売る」東芝は生き残るも解体か…

    「売れるものは何でも売る」東芝は生き残るも解体か…

    週刊朝日

    2/1

  • 三流経営が掘った墓穴 東芝“虎の子”放出で始まったカウントダウン

    三流経営が掘った墓穴 東芝“虎の子”放出で始まったカウントダウン

    AERA

    2/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す