【12球団見どころ・西武編】 “黄金期”知る辻発彦新監督が名門再建へ 復活へのカギを握るのは?

2017/03/03 16:00

 昨季は4位に終わり、西武球団創設直後の1981年以来となる3年連続Bクラスとなった埼玉西武ライオンズ。35年ぶりの屈辱に、チーム再建を託されたのが、かつての黄金時代の主力選手だった辻発彦新監督だ。現役時代は守備の名手として鳴らした新監督が、まず直面した大きな課題が昨季リーグワーストの101失策を記録した守備面の向上だった。キャンプでは、自ら手本を示しながら熱心に指導する姿も見られた。特にここ数年、レギュラーの決まっていなかったショートのポジションは、呉念庭、外崎修汰、永江恭平に、社会人ナンバーワンの守備力と評価されたルーキーの源田壮亮を加えた4人による熾烈な争いになっている。

あわせて読みたい

  • 西武、黄金期復活へ…辻監督がふりかける「スパイス」

    西武、黄金期復活へ…辻監督がふりかける「スパイス」

    dot.

    2/27

    好スタートの西武に東尾修が「黄金時代と同じような質と厚み」
    筆者の顔写真

    東尾修

    好スタートの西武に東尾修が「黄金時代と同じような質と厚み」

    週刊朝日

    4/21

  • 【順位予想】ロッテが台風の目!ソフトバンク、日ハムの牙城を崩せるか?

    【順位予想】ロッテが台風の目!ソフトバンク、日ハムの牙城を崩せるか?

    dot.

    3/31

    【順位予想】混戦必至のセ界を制すのは?<セ・リーグ編>

    【順位予想】混戦必至のセ界を制すのは?<セ・リーグ編>

    dot.

    3/30

  • 阪神・矢野監督がシーズン前に異例の退任発表で、「落合博満新監督待望論」

    阪神・矢野監督がシーズン前に異例の退任発表で、「落合博満新監督待望論」

    dot.

    2/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す