本が苦手… それ「難読症」かも 原因と解決法は?

医者

2017/02/24 11:30

『脳を強化する読書術』(朝日新聞出版)の著者で、「脳の学校」代表でもある加藤俊徳医師(医学博士)は、子供の頃、まともに本が読めなかったといいます。実は加藤医師は「難読症」という学習障害だったのです。しかし、「なんとか本が読めるようになりたい」とあらゆる工夫を試し、難読症を克服してきました。そんな加藤医師に、読書嫌いの原因と解決法を紹介してもらいました。

あわせて読みたい

  • 1万人の脳を治療してきた医師が明かす スマホが記憶力を低下させるワケ

    1万人の脳を治療してきた医師が明かす スマホが記憶力を低下させるワケ

    dot.

    10/17

    せっかくの読書がムダに!? 「残念な読書」になっている3つのケース

    せっかくの読書がムダに!? 「残念な読書」になっている3つのケース

    dot.

    2/26

  • あなたの脳は、右利き? 左利き? 「利き脳」の見分け方

    あなたの脳は、右利き? 左利き? 「利き脳」の見分け方

    dot.

    2/25

    連休中、頭を空っぽにするテク 脳の「アウェー」使うべし

    連休中、頭を空っぽにするテク 脳の「アウェー」使うべし

    AERA

    5/1

  • 片付けられないのは「脳」のせい 医師が教える弱い「脳番地」を鍛える方法

    片付けられないのは「脳」のせい 医師が教える弱い「脳番地」を鍛える方法

    AERA

    8/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す