心臓外科の名医 かつての“3K職場”での経験がいまも生きる

朝日新聞出版の本

2017/01/08 07:00

 重症の患者や痛みに長年苦しんでいる人を救う外科医。自身の技術を上達させ、患者の負担が少ない低侵襲の手術を実践する名医に、週刊朝日MOOK「『名医』の最新治療」で迫った。その中から、小倉記念病院副院長であり、心臓血管外科主任部長の羽生道弥医師(57)を紹介する。

あわせて読みたい

  • 心臓病、最強の病院はここだ! 手術数が年間1000件以上も

    心臓病、最強の病院はここだ! 手術数が年間1000件以上も

    dot.

    2/28

    心臓病の手術数ランキングで躍進した病院 医師が語る「どこにも負けない医療ができる」確信

    心臓病の手術数ランキングで躍進した病院 医師が語る「どこにも負けない医療ができる」確信

    dot.

    4/27

  • 大動脈弁狭窄症 欧米からの新治療法で高齢者に望み

    大動脈弁狭窄症 欧米からの新治療法で高齢者に望み

    週刊朝日

    8/7

    【心臓手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【心臓手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/2

  • 年中無休ですべての緊急症例を受け入れる大阪岸和田の心臓外科医

    年中無休ですべての緊急症例を受け入れる大阪岸和田の心臓外科医

    週刊朝日

    8/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す