「SMAP×SMAP」最終回に“賛否両論” 「歌う5人みていろいろ伝わった」「何も話さないのは異常」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「SMAP×SMAP」最終回に“賛否両論” 「歌う5人みていろいろ伝わった」「何も話さないのは異常」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
「SMAP×SMAP」の最終回、あなたはどう見ましたか?

「SMAP×SMAP」の最終回、あなたはどう見ましたか?

「SMAPはどんな時でも逃げず自分の言葉で話してきた。言い訳もしなかった。だから今、何も話さない事は異常な環境がそうさせているのだと思う」
「やっぱり最後までSMAPは自分たちの言葉で何か発信することはできなかったんだな」

 番組終盤には「スマスマ20年、そしてグループ活動28年、みなさまの気持ちに、深く感謝いたします。ありがとうございました。 SMAP」とメッセージが表示され、ラストステージではメンバーが「世界に一つだけの花」を熱唱。歌っている最中にメンバーが目を潤ませる場面もあった。歌い終わると5人は深々と礼、顔を上げると、リーダーの中居正広が涙を隠すようにカメラに背を向けるシーンも収められた。

 ラストパフォーマンスにファンからは「最後の最後まで涙が止まりませんでした」「言葉もほしかったけど、最後の世界に一つだけの花を歌ってる5人をみていろいろ伝わってきたような気もした」「本当に本当にありがとう」と感謝や感動を伝える言葉が寄せられた。

 しかし、その一方で「なぜメンバーがあんなに深々と頭を下げなければいけないの?」「解散したい人が泣きますか?」と解散や彼らの行動に対して納得していないような声も多数あがった。

 番組の最後には、これまでの「SMAP×SMAP」でも行っていたように、メンバー5人による東日本大震災と熊本地震の支援金・義援金を募るメッセージビデオが流され、震災以来、被災地のためにメッセージを送り続けた「SMAPらしさ」が垣間見えるシーンも……。ファンからは「最後の最後まで東日本、熊本の義援金を流す。やっぱりいい番組だよね」「最後の最後まで……さすがだよ……」と称賛のコメントが寄せられた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい