素顔はアニオタ! 17歳の最強フィギュア女王・メドベージェワから目が離せない! 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

素顔はアニオタ! 17歳の最強フィギュア女王・メドベージェワから目が離せない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
GPファイナル2連覇中のメドベージェワ(写真:Getty Images)

GPファイナル2連覇中のメドベージェワ(写真:Getty Images)

 今週木曜日に開幕する全日本フィギュアスケート選手権と同時期に、ロシア選手権も開催される。先々週のGPファイナルでも2連覇を達成した世界女王エフゲニア・メドベージェワ(17)が、2連覇をかけて臨むことになる。

 昨季のシニアデビュー以降、1試合を除き、試合に出る度タイトルを獲得してきた。アスリートには誰しもあるはずの、好不調の波がない。本人は日本のアニメ命な少女だが、今のメドベージェワの強さはマンガだ。

 メドベージェワはショートとフリーの世界記録ホルダーであり、GPファイナルでも、全盛期のキム・ヨナ(韓国)が当時19歳で出場した2010年バンクーバー五輪の総合得点に0.9点まで迫った。ベテランが強味を発揮する演技構成点でも、ショートでは当時27歳のカロリーナ・コストナー(イタリア)の世界最高得点に、フリーでは当時23歳のキム・ヨナに次ぐ得点を17歳になったばかりでマークしている。

 いまの女子上位陣はジャンプ構成で差がつかず、全ての技で得点の上限を目指す勝負が続いている。メドベージェワは、最高難度のジャンプで手を挙げて加点を取り、演技後半の基礎点1.1倍分の上乗せも得る。圧倒的な技量は、全身で物語る芝居にも表れ、それがメドベージェワと他の女子上位陣との間に差がつく要因にもなっている。

 メドベージェワには、至難のスポーツをしながら迫真のアクトをやり通す、余力があるのだ。ジャンプ、スピン、ステップ、全ての技には「effortless(簡単に行っている、余裕がある)」という加点要件があり、メドベージェワの余力は個々の技の得点の積み上げにも繋がっている。また、この余力が、スケーティング技術や技の繋ぎや表現面を量る演技構成点もさらに引き上げ、止まるところを知らない得点源になっている。

 あり余る技量を培う研鑽は、殊勝な精神性がもたらすものだろう。世界の頂点に立ってもなお「足りないものがある」と反省し、毎試合の抱負として「試合の大小に関わらず、全ての試合で大切に演技したい」と答える。なりたい自分を「ファンの方々に愛情を持って接していく選手」と言い、昨季のフリーには、『愛が世界を救う』と命名した。

 そんな彼女は昨季世界選手権初制覇の後、テレビ朝日系列のアニメ『美少女戦士セーラームーン』のテーマソングをフジテレビで披露。自身のファンには、慈愛を込めたメッセージを贈っている。「人生の目標を持ち、温かさと優しさを見せ、互いを愛し合い、フィギュアスケートを愛し続けて下さい」。セーラー戦士メドベージェワの戦いがこれからどのような展開を見せるのか、まずは「平昌五輪編」を楽しみにしてほしい。(文=Pigeon Post ピジョンポスト 島津愛子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい