つらいひざの痛みは治るのか? 変形性関節症の治療法はやはり… (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

つらいひざの痛みは治るのか? 変形性関節症の治療法はやはり…

このエントリーをはてなブックマークに追加
つらいひざの痛み…… 病院に行ったらどんな治療を受けるの?(※イメージ写真)

つらいひざの痛み…… 病院に行ったらどんな治療を受けるの?(※イメージ写真)

「ひじが痛い」「手術を勧められた」。整形外科の患者によくある悩みを、部位ごとに分けて専門医に聞きました。今回は「ひざの痛み」についての回答を詳しく紹介します。

【Q】数年前から、立ったり座ったりするときや、階段を上り下りするときにひざが痛むようになりました。年のせいだと思い、とくに何もしませんでした。最近では、じっとしていても痛むようになり、階段の上り下りや正座がしにくくなりました。病院に行ったらどんな治療を受けることになりますか? 治りますか?(女性・60代)

【A】軽症の場合、日常生活上の注意と運動療法で改善します
<回答者:東京都済生会中央病院 整形外科部長 柳本繁医師>

 症状や経過からみて、「変形性膝(しつ)関節症」と思われます。加齢により膝関節のクッションである軟骨がすり減って生じる病気です。立ったり歩いたりと、ひざは毎日何千、何万回と曲げ伸ばしされるため、関節には大きな負担がかかっています。加齢により関節軟骨がすり減り、関節や骨が変形すると、炎症を起こして痛みが生じます。最初は、ひざを動かすときに痛みが起こりますが、進行するとじっとしていても痛くなり、ひざの曲げ伸ばしが難しくなります。加齢以外にも、肥満の人、正座やしゃがんだりする機会が多い人、O脚の人、過去にひざの外傷がある人などはなりやすい傾向があります。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい