香川真司に何が起こっているのか? 先発復帰どころかベンチ外まで降格…  (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

香川真司に何が起こっているのか? 先発復帰どころかベンチ外まで降格… 

dot.
出場機会が乏しい状況が続く香川真司(写真:Getty Images)

出場機会が乏しい状況が続く香川真司(写真:Getty Images)

「香川の長所はたくさんあるが、第一には『プレーの連続性』だろう。イマジネーションが豊かなだけに決してトライをやめず、たくさんの"未来視"の中から最善のプレーを選択できる。たとえ失敗しても、思考と運動が絶え間なく続くことでマーカーを困惑させるのだ」

 「プレーの連続性」や「未来視」という表現は、香川を読み解く鍵となりうる。

 ドルトムントでは、彼自身が連係を深める前にゲッツェ、ゲレイロの二人が噛み合い、活躍の場を失っている。エムレ・モル、クリスティアン・プリシッチのような切り込む力もなく、攻撃陣では8番手に落下。代表でも、両サイドの選手が極端に中に入ってスペースを埋めるため、香川は"渋滞に巻き込まれた。無論、それを解決する力が求められているのだろうが…。

 香川は今も昔もプレーセンスに溢れている。様々なプレービジョンは舌を巻く。彼には“未来の映像”が見えているのだろう。しかし、それは他者との高度な共存で成り立っている。わずかな狂いが、大きな乱れを生むのだ。

 本来のプレーを取り戻すには、香川本人がそのズレを調整するしかない。(文=スポーツライター・小宮良之)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい