清武と乾に突き付けられた厳しい現状…世界最高峰リーガ、初の「日本人対決」は実現せず (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

清武と乾に突き付けられた厳しい現状…世界最高峰リーガ、初の「日本人対決」は実現せず

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
リーガで初の日本人対決は実現せず。清武はアシストで結果を出したが課題も残った。(写真:Getty Images)

リーガで初の日本人対決は実現せず。清武はアシストで結果を出したが課題も残った。(写真:Getty Images)

<世界最高峰のリーガ・エスパニョーラで日本人対決!>

 そんな形で注目されていた現地9月17日のエイバルvsセビージャだったが、実際のゲームはシビアだった。

 まず、昨シーズンはエイバルで準レギュラーだった乾貴士がベンチ外に降格。チームとして強度の高い守備から押し込むスタイルを選択したことで、先発どころか、ベンチメンバーにも入れなかった。

 これによって、日本人対決の実現は消えた。

 一方、セビージャの清武弘嗣はインサイドハーフで先発している。しかしアウェイに乗り込んだセビージャは20日に地元のライバルであるベティスとのダービーを控えていることもあり、主力を温存。2軍に近い陣容を組んだ経緯があって、現地の話題は「スペインのクラブとして初の、先発選手が全員外国人」だった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい