日ハムが“少数精鋭”で大成功、コスパ最悪だったのは… プロ野球外国人通信簿<パ・リーグ編> (1/6) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日ハムが“少数精鋭”で大成功、コスパ最悪だったのは… プロ野球外国人通信簿<パ・リーグ編>

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

日本ハム・マーティン(c)朝日新聞社

日本ハム・マーティン(c)朝日新聞社

【福岡ソフトバンクホークス】
「A」サファテ:59試合0勝7敗41セーブ、防御率1.88
「B」スアレス:53試合2勝5敗、防御率3.33
「D」バンデンハーク:10試合6勝1敗、防御率3.41
「D」バリオス:11試合0勝2敗、防御率7.82
「E」カニザレス:16試合、打率.179、0本塁打、3打点

助っ人の不振が混戦の誘因に

 今季も守護神として絶大な存在感を示したサファテと、夏場に疲れを見せながらも奮闘を続けるスアレスは合格点。しかし、デビュー14連勝の日本記録を作ったバンデンハークは6月1日に疲労蓄積を理由に登録抹消されると、その後もコンディションが整わずに3カ月以上も2軍暮らし(9月18日復帰予定)が続く。投打に巨大戦力を有する王者だが、外国人に限っては誤算の方が大きかった。

 その中でも最も期待を裏切ったのは、カニザレスだろう。2軍での打撃4冠の自信を手に、昨季までの主砲・李大浩の代役を担ったが、蓋を開けてみればまったくの期待外れ。バンデンハークはシーズン中に来季の契約を結んだが、バリオス、カニザレスの2人の残留は微妙な情勢となっている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい