ブンデス1部に昇格決定…レッドブルが創設した“金満”新興クラブの野望

dot.
 2016-17シーズンのブンデスリーガ1部に、RBライプツィヒが参戦する。エナジー飲料メーカーのレッドブルが創設したチームは、発足からわずか7年で5部からトップリーグまで駆け上った。しかし、ライプツィヒが注目を浴びる理由はそこではない。「金満ライプツィヒの昇格はドイツサッカーの低落」と言われるほど、群を抜いて嫌われているのだ。

 RBライプツィヒの創設は2009年。オーストリアに本拠を置くレッドブルが、ライプツィヒに位置するマルクランシュタットのスポーツクラブからサッカー部門のライセンスを買収したのが始まりである。新たに発足したクラブはRBライプツィヒと命名され、10年以内のブンデス1部昇格を目標にスタートを切った。

 レッドブルはオーストリアでもアメリカでも、企業名を冠したサッカークラブを運営している。ところが、ドイツサッカー連盟(DFB)は宣伝目的でのクラブ命名を禁止しているため、それができない。また、ドイツ・フットボールリーグ(DFL)は、クラブ運営の全権を投資家に握らせないよう、オーナー権をクラブメンバーと投資家の共同保有とし、クラブメンバーの株式保有率を最低でも51%とするよう規定している(これを「50+1」ルールと呼ぶ)。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック