注目ワード

築地市場   佳子さま   米大統領選   北朝鮮   がん

4代目相棒・反町隆史に決定…それでも消えない仲間由紀恵“待望論”

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2015/7/21 11:30)

女優・仲間由紀恵

女優・仲間由紀恵

 今年10月から始まるテレビ朝日の連続ドラマ「相棒 season14」(水曜午後9時)で、主演の水谷豊(63)の新“相棒”に反町隆史(41)が決定した。

 「4代目は誰になるのか?」。3代目相棒・成宮寛貴(32)が卒業した直後から、ネット上ではさまざまな予想が飛び交っていたが、最終的には大本命の反町に決まった。

「これまで、候補として仲間由紀恵(35)や2代目を務めた及川光博(45)、速水もこみち(30)、織田裕二(47)、SMAPの稲垣吾郎(41)などの名前が浮上していたが、決定づけたのはやはり水谷の意向でしょうね」(芸能関係者)

 水谷は初共演となる反町について「出会うべくして出会った相棒」と迎え入れ、反町も「水谷さんの熱い思いに応えたい」という両思いがかなったコメントをしている。

 反町は、4月にはすでに最有力候補として名前が挙がっていたものの、ファンの間では初の女性相棒として仲間に寄せる期待も多かった。

「仲間は、現在放送中のドラマ『美女と男子』(NHK)の撮影が8月まで入っていて、10月からは舞台『放浪記』もあり、年内の撮影は厳しい。そこでスケジュール的にも調整が利く反町に白羽の矢が立ち、最終的には、歴代相棒もそうだったように、プロデューサーが水谷さんからOKをもらって決まったようです」(前出の関係者)

 だが、反町に決定したにもかかわらず、「season15では仲間にバトンタッチ。反町はそれまでのつなぎ」と“仲間待望論”が消えないというのはスポーツ紙記者だ。


トップにもどる dot.記事一覧


【関連記事】

   ドラマ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

エンタメ アクセスランキング

ソーシャルメディアでdot.をフォロー