開幕戦前夜。パウリスタ(サンパウロっ子)が口にした日本人選手の名前は? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

開幕戦前夜。パウリスタ(サンパウロっ子)が口にした日本人選手の名前は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#W杯
まもなく開幕をむかえるワールドカップに祝杯をあげる

まもなく開幕をむかえるワールドカップに祝杯をあげる

パウリスタ大通りには、各国のサポーターが一堂に介している

パウリスタ大通りには、各国のサポーターが一堂に介している

目立つのは中南米からの旅行者。開幕戦を戦うクロアチアのユニフォームをまとった人も多い

目立つのは中南米からの旅行者。開幕戦を戦うクロアチアのユニフォームをまとった人も多い

セルベージャとカサーシャですっかりご機嫌

セルベージャとカサーシャですっかりご機嫌

お祭りモードで肩を組みながらも、内心では火花を散らす

お祭りモードで肩を組みながらも、内心では火花を散らす

 いよいよW杯開幕まで12時間を切った。ブラジル国内の状況については治安に対する不安はもちろん、デモやストが起きていて、何らかのトラブルに巻き込まれるのではないかと思っていた。でも、実際のパウリスタ(サンパウロっ子)たちはセルベージャ(ビール)で乾杯をし、カサーシャ(蒸留酒)あおり、開幕を心待ちにしている。

*  *  *
 パウリスタ大通りを歩くと各国のサポーターに出会う。開幕戦を戦うクロアチアのユニフォームをまとった人、オレンジの服を着たオランダ人も目立つが、一番多いのはやはり中南米からの旅行者。メキシコ、チリ、コロンビア、ペルー。

 アルゼンチンの服を着た青年と、ブラジルの服を着た青年が肩を組んで踊っていた。

「メッシとネイマールどっちが上だと思う?」

 そう聞かれる。「メッシ…」と口から出かかったが、思いとどまり「ネイマールだ」答えた。すると、ブラジル人たちはみんな大声で喜んだ。そして「日本も良いチームだ、きっとコロンビアと共にグループリーグを突破するよ」と。

 パウリスタ大通りを進み、アウグスタ通りへ。皆、自分の国のチャント(応援歌)を歌っている。黄色の服をまとったブラジル人が多い。彼らと話すと意外な言葉が返ってくる。

「エンドー。いい選手だね」

 香川や本田、長友の名前ばかりが聞こえてくるかとおもいきや、日本のグッドプレイヤーに遠藤の名前を挙げる人が少なからずいた。ブラジル人のサッカーに対する知識、理解度は相当なものだ。

 このように書くと、街は至極平和なように思えるが、やはりそうではない部分も。サンパウロに来て10日目の日本人旅行者は言う。

「やっぱりブラジルは危険ですよ。僕もこのあいだブラジル対セルビアを観に行ったんですけど、帰り道でいきなり胸ぐらをつかまれた。そのまま木の影に連れて行かれてお金を取られた。結構日本人はやられているみたいですね。気をつけてくださいね」

 陽気なブラジル人が大半を占める中で、やはりガラの悪い人間もいるようだ。自分が被害に合っていないからと言って、安全とは限らない。

「コロンビア対日本? クイアバだろ。遠すぎるから行けないよ。高いしね」

 そう語ったコロンビア人の一言が印象的だった。みんな、なけなしのお金を払って物価の高いブラジルに来ている。そうして精一杯楽しんでいる。

 さあ、これからW杯は始まる。

 開幕前夜のサンパウロより。

(ライター&エディター 遠藤由次郎)
4年半の書籍編集者を経てフリーに。趣味多数。ライフワークは、海外でのフルマラソン。地元のサッカーチーム・アスルクラロ沼津(JFL)を追った連載も執筆中。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい