ふるさと納税に「PayPay商品券」参入、ポイント還元競争は新局面へ

ふるさと納税

2022/12/06 18:30

 ふるさと納税の2022年度分の期限が迫ってきた。2021度の実績を見ると最も受け入れ件数が多い都道府県は北海道で、海産物の返礼品が魅力なのだろう。返礼品といえば魚介・牛肉・フルーツ・コメが4大人気と言われてきたが、昨今では返礼品そのものだけでなく、別のメリットを訴求する動きが出ている。ふるさと納税ポータルサイトを通じて寄付を行う際、一工夫することで共通ポイントを稼いだり、貯めたポイントを使えたりするというものだ。多くの事業者がポータルサイト運営に乗り出し、まさにふるさと納税第2ステージが始まったとの様相を呈している。(消費経済ジャーナリスト 松崎のり子)

あわせて読みたい

  • ふるさと納税、迷ったらビール、調味料、洗剤がおすすめ 駆け込み時の選び方

    ふるさと納税、迷ったらビール、調味料、洗剤がおすすめ 駆け込み時の選び方

    週刊朝日

    12/21

    神戸牛、生ズワイガニ…ふるさと納税の“目利き”が「掘り出し物」を選んだ!

    神戸牛、生ズワイガニ…ふるさと納税の“目利き”が「掘り出し物」を選んだ!

    週刊朝日

    12/16

  • 年末まで待てない! 「ふるさと納税」今がラストチャンスの理由

    年末まで待てない! 「ふるさと納税」今がラストチャンスの理由

    週刊朝日

    4/27

    取れないマグロが「ふるさと納税」の返礼品? 指定取り消し兵庫県洲本市 内部文書で指摘

    取れないマグロが「ふるさと納税」の返礼品? 指定取り消し兵庫県洲本市 内部文書で指摘

    dot.

    6/30

  • 過熱する「ふるさと納税」競争 “国と闘う”自治体の本音

    過熱する「ふるさと納税」競争 “国と闘う”自治体の本音

    週刊朝日

    8/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す