「赤ちゃん言葉」を使ったら、アカン!――【誕生から1ヵ月半くらいまで】育児のコツ5 (1/2) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「赤ちゃん言葉」を使ったら、アカン!――【誕生から1ヵ月半くらいまで】育児のコツ5

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保田競:京都大学名誉教授・医学博士、久保田カヨ子:脳科学おばあちゃんダイヤモンド・オンライン#出産と子育て
久保田 競 (Kisou Kubota)〈br〉
1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『天才脳を育てる1歳教育』『天才脳を伸ばす2歳教育』『赤ちゃんの脳を育む本』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

久保田 競 (Kisou Kubota)〈br〉 1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『天才脳を育てる1歳教育』『天才脳を伸ばす2歳教育』『赤ちゃんの脳を育む本』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

久保田カヨ子 (Kayoko Kubota)〈br〉
1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。長男が一級建築士、次男が東京大学に合格。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた“0歳から働きかける”クボタメソッドを確立。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など著書多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【脳研工房HP】http://umanma.co.jp/

久保田カヨ子 (Kayoko Kubota)〈br〉 1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。長男が一級建築士、次男が東京大学に合格。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた“0歳から働きかける”クボタメソッドを確立。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など著書多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。 【脳研工房HP】http://umanma.co.jp/

 ベストセラーとなり、名著『幼稚園では遅すぎる』著者でソニー創業者の井深大氏も絶賛した、久保田競+久保田カヨ子著『赤ちゃん教育』(1983年刊、その後絶版)。

 あまりに貸出が多く本がボロボロになり、国会図書館からも消えた。

 アマゾンマーケットプレイスでは、10,056円のプレミア価格がついた。

 そんな“0歳からの伝説の育児バイブル”が、最新の脳科学データをアップデート&190点近いイラストも一新して完全リニューアル!

 発売以来話題を呼んでいる本書は、Amazon.co.jp「子育てジャンル」で何度も1位となり、第4刷が決定。海外からも続々翻訳オファーがきているという。

 なぜ、お母さんだけでなく、お父さんにも『赤ちゃん教育』が支持されているのか?

 脳科学の世界的権威である久保田競氏と『中居正広の金曜日のスマたちへ<金スマ>』(TBSテレビ系)で“脳科学おばあちゃん”と紹介された久保田カヨ子氏だが、クボタメソッドの原点はすべて『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』にある。

「脳科学の権威」と「脳科学おばあちゃん」が書いた記念すべき処女作『赤ちゃん教育』の中から、反射期:誕生から1ヵ月半くらいまでのすぐに使える「実践のコツ」を紹介する。

●赤ちゃんに積極的に話しかけよう

 赤ちゃんに、なにをいっても理解できないからムダだと思い、だまって抱き上げたり、だまってオムツをかえたりしてはいけません。

 私はいつも語りかけました。

「いい子だったネ」と抱き上げ、「オムツをとりかえようネ」といってオムツをはずし、「お腹がすいたでしょう」「あら、雨が降ってきたワ」とつねに語りかけたのです。

 私は産院にいるときからそうしました。

「ママのお乳を飲まないと損をするヨ」

「おまえの鼻、少し曲がっているネ」

「ママ、ごはん食べるから待っててネ」

 とか、内容はさほど問題にしないで、ともかく語りかける声、息づかい、同時に起こる皮膚刺激が赤ちゃんに必要なのです。

●なぜ、「赤ちゃん言葉」はご法度なのか?

 言葉が理解できるかどうかは問題ではないのですが、私は必ずきちんとした単語を使い、赤ちゃん言葉を使わないようにしました。

「チャプチャプヨ」とか「ワンワン」「ブウブウ」とはいいません。「お風呂に入ろうネ」「犬がいるヨ」「自動車が通った」といいました。

 ついでに、犬がほえれば、声帯模写のごとくその声をマネてやりますが、犬はいつも「イヌ」と表現しました。

 赤ちゃんは、近くにいる人のマネをして成長していくのですから、手本になるわけです。言葉はいつもはっきりと発音します。

 とくに、母音ではじまる単語は、はっきり発音して、よく使うようにします。

 月齢が進むに従って、自分の口もとも見せて発音してやるほうがよいのです。

 赤ちゃんの誕生と同時に、なるべくかんたんで、はっきりした言葉で表現する習慣をつけるよう努力しておけば、子どもの成長の過程で、言葉を正しく覚えさせたいと苦労することはありません。

 赤ちゃんが聞いても意味の理解できないあいだは、まちがえても大丈夫な練習期間と考えて、気楽にしゃべる努力をしてほしいのです。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい