コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラリー遠田

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・ライター、お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。近著は『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)。http://owa-writer.com/

  • NEW

    女性芸人の「ブス」「デブ」いじりはいけないのか? 尼神インター誠子が出した答えとは

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     9月10日放送の『アメトーーク!』で行われた「若手女芸人」という企画は、今の時代の空気を捉えた画期的な内容だった。ガンバレルーヤ、3時のヒロイン、ぼる塾、薄幸(納言)、サーヤ(ラランド)という売り出し中の若手女性芸人たちが集まり、女性芸人としての生き方について活発な議論が交わされたのだ。 サーヤが...

  • ロンハースポーツテスト4連覇のみちょぱ ギャル上がりがいまや非凡な対応力を開花 

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     テレビのバラエティ番組に出演することは、一種のスポーツのようなものだ。自分のところに来た球を正確に打ち返す技術と反射神経が求められる。 スポーツの世界で「天才」と呼ばれるアスリートがいるように、バラエティの世界にも天才がいる。「2020上半期テレビ番組出演本数・女性タレント部門ランキング」で5位に...

  • ティモンディ高岸の大号泣始球式で見えた 「やればできる」真のポジティブキャラ

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     ティモンディの高岸宏行が、10月4日に行われたプロ野球・ヤクルト対広島戦の始球式で号泣したことが話題になった。 高岸は、目標球速は「170キロ」と宣言していたが、実際には138キロにとどまった。表示された球速を確認すると、少し残念そうな表情を浮かべていた。 高岸がマウンドに向かう途中に涙を流したの...

  • ジャルジャル「キングオブコント」優勝で明かしたYouTube活用の新しい流れ

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     9月26日にコント日本一を決める『キングオブコント2020』の決勝が行われた。この大会の模様は毎年、TBS系列全国ネットで生放送されている。今年は「お笑いの日2020」という8時間の生放送特番の中の目玉企画として行われた。 そんな今年の『キングオブコント』で優勝を果たしたのは、コントの面白さには定...

  • ずん飯尾・阿佐ヶ谷姉妹「ゆるふわ中年芸人」大人気の今の時代ならではの深い理由

    道理で笑える ラリー遠田 dot.

     ずんの飯尾和樹は、外見も至って普通のアラフィフ中年芸人だ。「ぺっこり45度」「忍法メガネ残し」「屈伸ついでにレディー・ガガ」などの脱力系ギャグの使い手としても知られる。 現在、そんな飯尾の勢いが止まらない。バラエティ番組での活躍はもちろん、総務省やメルカリなどのCM出演の仕事も多く、役者としても数...

おすすめの記事おすすめの記事