コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大塚篤司

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    アトピー性皮膚炎と乾癬の関係は、B’zの関係に似ている? 皮膚科医が解説

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     いつもは医療に関するコラムを執筆している京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師ですが、今回は、大ファンであるB’zにからめたコラムに挑戦。皮膚科医として医療に関する情報も盛り込んでのコラムをお届けします。*   *  * B’z初の無観客配信ライブ「B&rsquo...

  • 「愛の不時着」にハマった医師 患者への説明に使えると思った「免疫」に似ている状況とは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     今年の新語・流行語大賞にノミネートされた韓流ドラマ「愛の不時着」。ハマった人は多いようですが、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師もその一人。ただし、職業柄、なんでも患者さんへの説明に使えないかと考えてしまうそうです。ドラマを見て、思いついた医学情報を語ります。*   *  * 4月の...

  • オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     インターネットを使って患者の診療を行う「オンライン診療」は、当初、新型コロナウイルス対策として時限的な措置で認められていましたが、政府は今後も、恒久化することで調整を進めています。オンライン診療で、どこまで従来の診療に近いことができるのでしょうか? 京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師...

  • ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     今年のノーベル医学生理学賞を受賞したのは、C型肝炎ウイルスの発見に貢献した研究者でした。意外なことに、肝臓の病気であるC型肝炎は、皮膚に出るブツブツなどの症状から、その病気を疑われて見つかることがあるといいます。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が解説します。*   *  ...

  • がん闘病中の赤い腫れ「どうしてこんな症状が出ているのか?」という問いに主治医は

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     がんで闘病中の人は些細な体の変化にも不安を感じるものです。「どうしてこんな症状が出ているのか?」という問いに医師はどう対応するのか。『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、がん患者とのやりとりをもとに語ります。*   *  * 私は皮膚科医で皮膚がんを専...

おすすめの記事おすすめの記事