コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員、2017年京都大学医学部特定准教授を経て2021年より近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授。皮膚科専門医。アレルギー専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    コロナ禍の不完全な論文に要注意! 「ハゲタカジャーナルは問題外」医師が指摘

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     新型コロナウイルスという未知の脅威に対して、あらゆる知見が新しい医学論文になりえます。しかし、論文になっていれば本当に信用していいのでしょうか? 近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が注意を呼びかけます。*  *  * COVID-19に関して連日多くの論文が発表されています。加えて最...

  • 「医学博士」は医師でなくてもなれる? 「足の裏についた米粒」と呼ばれる肩書

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     お医者さんの肩書の一つに「医学博士」があります。しかし、この医学博士を持っているからと言って、医師免許をもっているとは限りません。そもそも、この学位をもっていると何がすごいのでしょうか? 近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。*  *  * 医学博士という肩書があります。 ...

  • 医療ドラマでよく見る「教授回診」って本当に必要なの? 現役医師が変革に挑む

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     大学病院の病棟の廊下を教授が多くのスタッフを従えて歩く――。そんなシーンを医療ドラマで見ることでしょう。そもそもこれはどんな目的で行われているのでしょう? 古きあしき慣例なのでしょうか? 近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、医学部の「当たり前」に疑問を投げかけます。*  *  * ...

  • 「松竹梅方式」では患者は決められない! 決断をお任せにしない新しい治療選択の概念とは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     医師は患者に治療法の選択肢をすべて挙げ、期待される効果とリスクをすべて説明する。こんなインフォームド・コンセントでは、患者はどう決めていいのかわかりません。最近は、患者がより良い意思決定ができるように新しい概念が注目されています。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が解説します。*  ...

  • 目の周りが赤くはれる! 花粉症で起きる皮膚のトラブル、三つの原因とは

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     花粉症に悩まされるシーズンです。くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどさまざまな症状がありますが、目の周りが赤くはれる人も。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、花粉症で起きる皮膚のトラブルについて解説します。*  *  * 花粉症の患者さんが増えてきました。 私の皮膚科外来にはこの時期、ア...

おすすめの記事おすすめの記事