コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 大塚篤司 現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

大塚篤司

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん薬物治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    AIによる「がん告知」を受け入れられる? 大塚篤司医師「将来、医師に求められること」

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     AI(人工知能)による画像診断で、がんを見分ける技術が開発されています。その技術が進むと、医師は必要なくなるのでしょうか? 京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、AIについて語ります。*  *  * 私が小中学生の頃、授業時間にこっそり映画を見せてくれる先生が何人かいました。洋画好き...

  • 道端アンジェリカが告白した乾癬 「肌が汚い」と言われる精神的負担に皮膚科医の思い

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     人気モデルの道端アンジェリカさんは、自身が「乾癬」(かんせん)という皮膚病であることを公表して話題となりました。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、有名人が自分の病気について公表することと乾癬について語ります。*  *  * 私は幼少期からほくろが多く、それがとても嫌でした。今でこ...

  • 「ニキビができない食事を教えてほしい」 皮膚科医の意外な答えと食事療法の意義

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     医師が診療の際に患者からよく聞かれることの一つに「病気を治すために食事はどうしたらいいですか?」という質問があります。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、ニキビと食事の関係について語ります。*  *  * 私が勤務する病院の近くには、ニシンそばのおいしいおそば屋さんがあります。外来...

  • 「医師は患者に感情移入してはいけないのか?」 亡き人への悲しみと後悔の向き合い方

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     患者への共感力が強い医療従事者は、患者の悲しみを自分の悲しみと捉え、バーンアウトしやすいといいます。自身も後悔から、「何度か医者をやめようと思ったことがある」という京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、悲しみと後悔への向き合い方を語ります。*  *  * 多くの患者さんが優しい医師に...

  • チョコレートで皮膚がかゆくなる? アトピー性皮膚炎と高カカオチョコの意外な関係

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     バレンタインのこの時期、男女ともにチョコレートを食べる機会が増えることでしょう。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、チョコレートとアトピー性皮膚炎の意外な関係を解説します。*  *  * 1879年、スイスのベルンでは「ある薬剤師の息子」が新作のお菓子作りに挑戦していました。発明と...