コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 大塚篤司 現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

大塚篤司

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん薬物治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • NEW

    皮膚にしこり「痛くないからがんではない」は間違い 皮膚科医が考える五つの症状とは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     皮膚にしこりができると「皮膚がん」ではないかと心配になります。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、皮膚のしこりについて解説します。*  *  * 医学生だったある日、私は首のしこりに気がつき心配になりました。 臆病者の私はそれから1カ月間しこりを放置。がん告知を覚悟のうえ病院を受診...

  • 「ニセ医学」を信じてしまった患者を救えない、“正論”医療の現実

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     間違った医療情報に惑わされると、患者の健康に悪影響が出るかもしれません。医師が正義感をもって患者に正しい情報を伝えていくだけで、ニセ医学で苦しむ人たちは減るのでしょうか。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、「ニセ医学」との向き合い方について語ります。*  *  * 今から50年前の...

  • 皮膚科医が子どもの頃患った喘息 入院生活が教えてくれた「親」と「ひげの先生」の愛情

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     1980年代は、喘息で年間約6千人が亡くなっていました。吸入ステロイドをはじめとする治療薬の普及により、いまは死亡率が減少し、未成年の喘息死は、2010年には10人まで減っています。子どもの頃、喘息を患っていた京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、当時の状況について語ります。*  *...

  • カサカサの肌はアトピー性皮膚炎になりやすい? 最新研究でわかった予防法

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     空気が乾燥する冬は、皮膚の乾燥も気になる時期です。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、皮膚と免疫機能について語ります。*  *  * 日本の伝統工芸品である漆器(しっき)に使われる「うるし」は、触ると皮膚がかぶれます。その昔、うるし職人はうるしを少しずつなめることで、かぶれを予防し...

  • 「この中でお医者さんいますか?」  新幹線で“皮膚科医”が思わず取った行動とは?【第7位 10月18日】

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” 週刊朝日

     2018年も年の瀬に迫りました。そこで、AERA dot.上で読まれた記事ベスト20を振り返ります。 7位は10月18日に配信した「『この中でお医者さんいますか?』 新幹線で“皮膚科医”が思わず取った行動とは?」でした。飛行機や新幹線の中で急病人が発生した際に起こる「ドクタ...