(4ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田洋文

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田洋文

山田洋文

山田洋文(やまだ・ひろふみ)/1975年生まれ、京都府出身。教育家。神戸大学経済学部卒。独立系SIerのシステムエンジニアを経て、オルタナティブスクール教員に。2016年4月、京都市内でプロジェクト学習に特化した探究塾の探究堂(http://tanqdo.jp/)を開校。探究堂代表、認定NPO法人東京コミュニティスクール理事。

  • 宙に浮く巨大魚の思わぬ正体とは? 子どもたちが京都・出町商店街の謎を解明

    探究堂日記 AERA

     たくらみ低学年クラス(小学1・2年生)が年度初めに取り組んだ商店街探検プロジェクトでは、京都市の出町商店街についてたくさんの発見ができました。子どもたちはその中から各自調べたいことを一つに絞り調査を進め、最終的に調査結果をプレゼンで発表してくれました。 今回の記事では、彼らがどのような調査を行った...

  • ミッションは「風を捕まえる」 オリジナルのぐにゃぐにゃ凧で風の力を実感

    探究堂日記 AERA

     ぷれりか(幼児)クラスが春に取り組んでいた『風』プロジェクトの続きのお話です。 プロジェクトの序盤、「風を探しに行こう!」を合言葉に、オリジナルの風探索器を作った子どもたち。鴨川に出かけ調査した結果、三角州の先端部分が特に風が強いことを発見しました。「じゃあ、次は風を捕まえることに挑戦してみよか」...

  • 「自分らしさ」見つめ成長する子どもたち 等身大の自画像も完成!

    探究堂日記 AERA

     たくらみ低学年クラス(小学1・2年生)が取り組んできた「自分を知る」プロジェクトもいよいよ佳境に入りました。「『自分らしさ』って聞くと、どんなことを思い浮かべる?」 私からの不意の問いかけに、子どもたちは戸惑いの表情を浮かべます。中には質問の意味をすぐには理解できず、ポカーンとしている子も。 これ...

  • 3世代の遊び「違いと共通点」とは? 現代っ子が得たものと失ったもの

    探究堂日記 AERA

     約2カ月に渡り「子どもの遊びの歴史」を探究してきた中学年クラス(小学3・4年生)のプロジェクト。 上中下と3分割された模造紙には、自分たち・両親・祖父母の3世代それぞれが小学生の頃にどんな遊びをしていたか(しているか)が丁寧にまとめられていました。いずれも祖父母や両親が書いてくれた、子ども時代の遊...

  • 「気持ち悪い」が一転大人気! シマイシビルの謎に年長さんたちが迫る

    探究堂日記 AERA

     探究堂の年長児クラス(ぷれりかクラス)が取り組む『川の生き物』プロジェクトもいよいよ最終日を迎えます。 この日はまず、『川の生き物』に対する理解をさらに深めるため、NHK for SchoolのWebサイトで動画を鑑賞することにしました。アメンボやトビケラの生態をコンパクトにまとめた動画をたまたま...

おすすめの記事おすすめの記事