大友博

大友博(おおともひろし)1953年東京都生まれ。早大卒。音楽ライター。会社員、雑誌編集者をへて84年からフリー。米英のロック、ブルース音楽を中心に執筆。並行して洋楽関連番組の構成も担当。ニール・ヤングには『グリーンデイル』映画版完成後、LAでインタビューしている。著書に、『エリック・クラプトン』(光文社新書)、『この50枚から始めるロック入門』(西田浩ほかとの共編著、中公新書ラクレ)など。dot.内の「Music Street」で現在「ディラン名盤20選」を連載中

  • 尾崎豊の死から25年、尾崎裕哉は父を乗り越えることができるのか

    尾崎豊の死から25年、尾崎裕哉は父を乗り越えることができるのか

     衝撃の死から25年経った今でも、尾崎豊の曲は今でも歌い続けられている。一方、息子・尾崎裕哉は偉大なる父と同じ音楽の道を歩み始めた。個人的な親交のある音楽ライターの大友博さんが、尾崎裕哉の可能性を語る

    dot.

    11/12

  • グラミー賞が他の音楽賞にはない権威を持っている理由

    グラミー賞が他の音楽賞にはない権威を持っている理由

    「MUSICARES」という言葉をご存知だろうか? もちろん普通の辞書に載っている言葉ではなく、MUSICとCARESを合体させたもので、グラミー賞の運営母体レコーディング・アカデミー(NARAS)が

    dot.

    11/5

  • エリック・クラプトン、22回目の来日ライブの予感

    エリック・クラプトン、22回目の来日ライブの予感

     年齢と健康面の問題から、もう来日ライブはないだろうと言われてきたエリック・クラプトン。しかし、最近ではファンの前で元気な姿を見せることも増えてきたという。来日の可能性について、音楽ライターの大友博さ

    dot.

    10/29

  • 51年前の10月23日、ジミ・ヘンドリックスがあの名曲を録音して伝説が始まった

    51年前の10月23日、ジミ・ヘンドリックスがあの名曲を録音して伝説が始まった

     ジミ・ヘンドリックスの伝説が始まったのは、今から51年前に行われたある曲のレコーディングだった。音楽ライターの大友博さんが、ロックの歴史の転換点となった一日を語る。* * * 今から51年前の196

    dot.

    10/22

  • 音楽を愛する人にお薦めしたい、カズオ・イシグロの一冊

    音楽を愛する人にお薦めしたい、カズオ・イシグロの一冊

     今年のノーベル文学賞に選ばれたカズオ・イシグロは、音楽にまつわる小説も書いている。音楽ライターである大友博さんが語る、その魅力とは。* * * 昨年、ボブ・ディランに授与されたことをきっかけに、それ

    dot.

    10/15

  • ジョン・レノンの77回目の誕生日を前に「イマジン」してみた

    ジョン・レノンの77回目の誕生日を前に「イマジン」してみた

     10月9日はジョン・レノンの誕生日で、生きていれば77歳を迎えたことになる。音楽ライターの大友博さんが、ジョン・レノンの誕生日について語る。* * * ようやく秋の訪れを実感できるようになったころ、

    dot.

    10/8

  • ニール・ヤングから届けられた“幻のアルバム”

    ニール・ヤングから届けられた“幻のアルバム”

     昨年(2016年)秋、ニール・ヤングは、カリフォルニア州で開催された巨大フェスティバル「デザート・トリップ」に参加し、70代現役ロック・アーティストの一人として、あらためて強い存在感を示している。直

    dot.

    10/1

  • ノーベル文学賞受賞に思う 反戦、公民権運動「風に吹かれて」だけではないボブ・ディラン

    ノーベル文学賞受賞に思う 反戦、公民権運動「風に吹かれて」だけではないボブ・ディラン

     日本時間10月13日夜に伝えられた「ボブ・ディランにノーベル文学賞」というニュースは驚きをもって迎えられたようだ。ただし、その驚きの原因の大半は、とりわけ日本に関していえば、「村上春樹じゃないの?」

    dot.

    10/15

  • 還暦を過ぎたChar(チャー)のライヴに、カルメン・マキがまさかの飛び入り参加!

    還暦を過ぎたChar(チャー)のライヴに、カルメン・マキがまさかの飛び入り参加!

     6月25日の土曜日、渋谷東急文化村のオーチャード・ホールでCharのコンサートを観た。じつは、正式な形ではなかったものの、あのカルメン・マキがゲスト出演するという情報をつかんでいたため、「ぜひとも」

    dot.

    7/6

  • ジャニス・ジョプリン わずか27年の人生をドキュメンタリー映画で追う

    ジャニス・ジョプリン わずか27年の人生をドキュメンタリー映画で追う

     ジャニス・ジョプリンの27年間の人生と、その生きた時代、彼女が愛した音楽をテーマにしたドキュメンタリー作品『ジャニス : リトル・ガール・ブルー』を試写会で見ることができた(今年9月から渋谷のシアタ

    dot.

    6/29

1 2 3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す