(4ページ目)大井美紗子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大井美紗子

このエントリーをはてなブックマークに追加
大井美紗子

大井美紗子

大井美紗子(おおい・みさこ)/アメリカ在住ライター。海外書き人クラブ会員。1986年長野県生まれ。大阪大学文学部卒業後、出版社で育児書の編集者を務める。渡米を機に独立し、日経DUALやサライ.jp、ジュニアエラなどでアメリカの生活文化に関する記事を執筆している。2016年に第1子を日本で、19年に第2子をアメリカで出産。ツイッター:@misakohi

  • 「ベビーシッターは共働きのためのぜいたく品」ではない 月1の夫婦デートに利用するアメリカ

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     日本でベビーシッターを利用したことのある親は、たった4.7%しかいないそうです。「たった4.7%しか」というのは、ベビーシッター利用が一般的なアメリカで育児をしているわたしの感覚ですが、日本にいる皆さんは「まぁそれくらいだろうな。周りで利用したことある人、見たことないもんな」とか、「4.7%もいる...

  • 実写版「リトル・マーメイド」の配役から考える「子どもの頃から多様性」の大切さ

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     ディズニー映画「リトル・マーメイド」が実写化されますね。主人公アリエル役に黒人歌手のハレ・ベイリーが起用され、賛否の声が上がっています。新しいディズニープリンセス像を歓迎する声もあれば、「アニメのイメージと違う」といった批判もありますが、皆さんはどう思われましたか。 わたし自身は、「こういう配役を...

  • 男の子はパイロットで女の子はケーキ屋さんって古いんじゃ? 小さい子どもにこそジェンダーフリー教育を

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     先日、日本の教育番組を鑑賞していたところ、んんん?!と思わず二度見してしまう描写がありました。 おにいさん2人、おねえさん2人が将来の夢について語る歌で、おにいさんたちはパイロットとサッカー選手、おねえさんたちはケーキ屋さんと画家に憧れるという設定だったのです。  それのどこが変なの?と首をかしげ...

  • 見た目に言及しがちな日本人 ほめるなら「かわいい」のひと言だけでいいんじゃない?

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     日本で娘を出産し、アメリカに来たばかりの頃です。生後3カ月の娘を見ては道行く人が声をかけてくれるのですが、はじめ、何か違和感がありました。「かわいいね~」「まぁ、かわいいこと」「かわいいわ~。ほんとかわいいわ~」 みんな、判で押したように「かわいい」という言葉しか使わないのです。 スモールトークが...

  • お弁当以外で親の愛情を伝えるには? 今すぐできるたった2つの方法

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     日本には「愛情弁当」なんて言葉があるけれど、親の愛情はお弁当以外で伝えてもいいのでは――。そんな話を先週しました。それじゃ、お弁当以外の方法ってなんなのさ?と思われた方々もいるかもしれません。 子どもへの愛情の伝え方。あまりに深い問いで、そのテーマだけで電話帳みたいに分厚い本ができそうですが、今す...

おすすめの記事おすすめの記事