岡本浩之〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡本浩之

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長。

  • NEW

    江戸時代に最も高級だった寿司ネタは?2貫で出てくるワケは? 寿司屋の裏話

    お魚ビッくらポン AERA

     筆者はくら寿司の広報を務めています。ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、先日、某テレビ局の番組で、一流の寿司職人の皆さんに、当社のお寿司を判定していただく企画が放映されました。 その際に一流と言われる職人の方々とお話をする機会を得ることができましたが、やはりその道を極められた方々の、お寿...

  • 今年は約2億円! 寿司屋が教える「大間のマグロがこんなに高いワケ」

    お魚ビッくらポン AERA

     今年も新年の初競りで、大間のマグロが2億円近い価格で競り落とされて話題になっていました。 あの大きさのマグロを握り寿司にすると、1貫あたり約2万円になる計算だとか……。それをお店では1貫約200円から400円で食べられるということで、あっという間に売り切れたみたいですね...

  • カニカマ消費量世界一は日本じゃなかった 生産量の1位は意外すぎるあの国

    お魚ビッくらポン AERA

     年が明けて、寒さがこたえる日々が続いていますね。 寒い季節にこたつに入って熱々の鍋を家族で囲む、というのは、典型的な昭和の冬の情景でした。今では生活スタイルの洋風化により、コタツを出す家庭は多くないそうです。ちょっと寂しいですよね。 ところで、皆さんの一推しの鍋は何でしょうか? いろんな鍋があって...

  • 「世界で一番硬い食べ物」は日本にあった あずきバーよりガラスより硬いアレとは?

    お魚ビッくらポン AERA

     唐突ですが、皆さんは世界で一番硬い食べ物って何だか知っていますか? 真っ先に筆者の頭に浮かんだのは「井村屋さんのあずきバー」でした。あずきバーでクギを打ってる映像に衝撃を受けたことを鮮明に覚えています。 それともお正月が終わって、切る際に包丁の刃が欠けてしまうくらいに硬い「カピカピに乾燥したお餅」...

  • デザートでもあのゲームが発動!当選確率も2倍に くら寿司幹部が教えるすごい裏ワザ

    お魚ビッくらポン AERA

     最近、このコラムを読んでいただいている方からたまに、タイトルの「びっくらポン」ってどんな意味ですか?と聞かれることがあります。そのたびに、まだまだ広報活動が足りないんやなぁと反省しているわけですが……。 ご存じない方のために簡単に説明すると、「ビッくらポン」は2000年...

おすすめの記事おすすめの記事