岡本浩之〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡本浩之

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年 岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、18年12月から「くら寿司株式会社」広報担当

  • NEW

    マグロは呼び名が変わるのになぜ出世魚ではない? 意外すぎる理由とは

    お魚ビッくらポン AERA

     皆さんは、「出世魚」という言葉を聞いて、どんな魚を思い浮かべるでしょうか。 ブリでしょうか? スズキ? 中にはボラという方もいるかもしれませんね。 ブリは、モジャコ(稚魚)→ワカシ/ツバス→イナダ/ハマチ→ワラサ/メジロ→ブリと呼称が変わります。地域によって...

  • 回転寿司がサイドメニューを強化する「寿司屋ならではの理由」とは

    お魚ビッくらポン AERA

     皆さんよくご存じの通り、最近の大手回転寿司チェーンでは、お寿司以外のサイドメニューが豊富ですよね。このコラムでもよくお世話になっている、マルハニチロの「回転寿司に関する消費者実態調査 2019」によると、回転寿司で何らかのサイドメニューを食べるという方は9割以上にのぼるとのことです。 筆者の友人に...

  • ラグビーW杯の前哨戦 日本対ロシアの「イクラ対決」とは?

    お魚ビッくらポン AERA

     今週はクイズからスタートです。「半透明の赤いつぶつぶで、口に入れると薄い皮がプチプチとつぶれる不思議な食感の食べ物はな~んだ?」 簡単ですよね。答えは、みんな大好きな寿司ネタのひとつ、イクラです! 瀬戸内生まれの筆者が初めてイクラを食べたのは、学生時代、友人たちと北海道にスキーに行った時でした。札...

  • サンマ不漁の原因は「あの国」の漁船だった 日本の船が対抗できない理由とは

    お魚ビッくらポン AERA

     暑さも少し緩んできて、少しずつ秋の気配を感じられるようになってきました。秋を代表する魚といえば、なんといってもサンマですよね。俳句の世界では、秋の季語にもなっています。 値段も手頃で脂の乗ったサンマは、江戸時代中期から庶民の強~い味方でした。余談ですが、江戸時代中期までは、サンマは食用ではなく行灯...

  • 「一船買い」って何だ 後継者不足に悩む日本の漁業を救う切り札に?

    お魚ビッくらポン AERA

     今年5月、香川県東部に位置するさぬき市の小田漁港で、定置網漁を行う若き漁師・松岡さんとお会いしました。漁師さんらしくよく日焼けした顔に白い歯が印象的な、まだ少年っぽさを残したさわやかな青年でした。 松岡さんのお父さんも、底引き網漁を主に行う現役の漁師ですが、息子の松岡さんは定置網漁をやりたいと思い...