岡本浩之〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡本浩之

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年 岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、18年12月から「くら寿司株式会社」広報担当

  • NEW

    「いつ、どんな寿司を作るか」判断するのはコンピューター くら寿司の仰天システムとは?

    お魚ビッくらポン AERA

     1958年に産声を上げた回転寿司は、平成の約30年間にめざましい進化を遂げてきました。店舗の大型化を可能にした「E型レーン」や、欲しいお寿司を確実に注文できる「タッチパネル&注文専用レーン」をご紹介した前回に続き、今回は回転寿司のメニューの進化や「IT革命」についてです。 お客様の層がファミリーに...

  • 回転寿司を急激に進化させた「2大発明」とは? お店に革命を起こした「E型レーン」

    お魚ビッくらポン AERA

     お寿司が手軽な値段で食べられる「回転寿司」。よほどセレブな方を除いて、ほとんどの方が一度は行かれたことがあるのではないでしょうか? 筆者が子どもだった昭和の時代には、お寿司は子供が気軽に食べられるものではありませんでした。高校2年生の秋、部活でいい成績を残したご褒美にと顧問の先生に連れて行ってもら...

  • その価値は「小判1枚分」! 今が旬の初鰹を最もおいしく食べる調理法とは

    お魚ビッくらポン AERA

    「目には青葉 山ホトトギス 初鰹」 江戸時代の俳人・山口素堂が詠んだこの句を、皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 目にも鮮やかな木々の「青葉」、心に染み入るきれいな鳴き声の「ホトトギス」、そしてこの時期に旬を迎える「初鰹」は、春から初夏にかけて、江戸の人々が好んだものです。 鰹は、...

  • 万葉集に登場する魚はわずか8種! 最多登場は意外なあの魚…

    お魚ビッくらポン AERA

     「平成」が終わり「令和」時代がスタートしました。新元号の出典が万葉集ということで、今世の中では万葉集が大ブームになっているようです。 そこで今回は、万葉集に登場する魚についてのお話です。 皆さんご存じの通り、万葉集は奈良時代の終わりから平安初期にあたる7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂...

  • この時期に旬な「桜鯛」と「サクラダイ」はまったくの別物!? その正体とは…

    お魚ビッくらポン AERA

     日本が「漁業大国」と言われたのも今は昔。世界の漁獲量がこの30年間で約2倍に拡大した一方、日本の漁獲量は半減し、かつての世界1位(1984年)から世界8位にまで後退しています。 背景には若者の魚離れなどさまざまな要因があります。私は、子供の頃から瀬戸内のいろいろな魚に親しんできました。いまは、「く...