中田馨〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中田馨

このエントリーをはてなブックマークに追加
中田馨

中田馨

なかた・かおり/1978年生まれ。兵庫県の認可保育園、中田家庭保育所施設長。一般社団法人離乳食インストラクター協会代表理事。保育士目線の離乳食講座受講生は4年で2000人。自身も中3男子、小5女子の子育て中。

  • NEW

    「ページを行ったり来たり」「いつも同じ本」 絵本の読み聞かせで困ったときの対処法

    現役保育士が指南! 赤ちゃんはやわじゃない AERA

     新型コロナウイルスにより、子どもたちと自宅で過ごす日々が続くご家庭も多いのではないでしょうか? 私の運営している保育所では、緊急事態宣言による特別保育へと、先日移行しました。親御さんのことを思うと、仕事ができないことも、仕事をすることもどちらも不安なことでしょう。現在保育所には、仕事を休むことがで...

  • 離乳食はグチャグチャな子ほど幼児期にはスプーンの達人に 現役保育士がアドバイス

    現役保育士が指南! 赤ちゃんはやわじゃない AERA

     離乳食は、赤ちゃんの月齢や発達によって食べ方が変化します。最初は親から食べさせてもらっていた離乳食ですが、少しずつ少しずつ自分で食べられるようになり1歳半頃には手づかみ食べやスプーンなどを使って、食事のほとんどを自分で食べる子が増えていきます。今回は、赤ちゃんの発達ごとの食べ方、この時期に必要なし...

  • うつぶせ遊びを積極的にすれば、おすわり練習はしなくていい理由 現役保育士がアドバイス

    現役保育士が指南! 赤ちゃんはやわじゃない AERA

     生後5~6カ月ごろになると、赤ちゃんの身体がしっかりしてくるので、親が支えていれば座れるようになります。座らせるとご機嫌な赤ちゃんを見ていると「そろそろおすわりの練習を」と考えるお母さんもいるはず。おすわりができるようになるためには、何をしたらいいのでしょう?今回は、おすわりができるまでに親ができ...

  • 赤ちゃんのおやつは4回目の食事 市販菓子をあげていいか迷ったときの判断基準とは?

    現役保育士が指南! 赤ちゃんはやわじゃない AERA

     1歳を過ぎると、3回の食事にプラスしておやつがスタートします。大人にとってのおやつは、甘みや塩っ気のあるお菓子がメインで「楽しみ」「リラックスタイム」「ストレス解消」といったイメージですが、赤ちゃんにとってのおやつは「楽しみ」だけではありません。一度にたくさんの量を食べることができない赤ちゃんにと...

  • 耳を触る、うんちの色が違う… 赤ちゃんの体調不良のサインは熱だけじゃない

    現役保育士が指南! 赤ちゃんはやわじゃない AERA

     保育士の仕事は、赤ちゃんの身の回りのお世話をし、発達に合わせた遊びを一緒に楽しみ、安全な環境で成長を見守ること。そして、赤ちゃんの体調不良を「いち早く見つけること」も大切な役割のひとつです。普段、赤ちゃんと過ごしている保育士だからこそ気づける体調不良のサインがあります。今回は、パパとママだからこそ...

おすすめの記事おすすめの記事