神舘和典〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

神舘和典

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典

神舘和典

1962年東京生まれ。音楽ライター。ジャズ、ロック、Jポップからクラシックまでクラシックまで膨大な数のアーティストをインタビューしてきた。『新書で入門ジャズの鉄板50枚+α』『音楽ライターが、書けなかった話』(以上新潮新書)『25人の偉大なるジャズメンが語る名盤・名言・名演奏』(幻冬舎新書)など著書多数。「文春トークライヴ」(文藝春秋)をはじめ音楽イベントのMCも行う。

  • NEW

    布袋寅泰が語る31年ぶりのBOOWY再会「曲も歌詞も3人が生き生き」

    LOVE YOU LIVE! 週刊朝日

     物語性のあるロックアルバム『GUITARHYTHM VI』をリリースした布袋寅泰が語る、ロンドンでの音楽生活、家族への感謝の気持ち、BOOWYのメンバーとの再会。布袋の世界基準の音楽制作、ロックスピリッツとは──。*  *  * 2018年、布袋寅泰はプレッシャーを感じていた。「17年にリリースし...

  • ラッパーのKREVAが語るモチベーションを上げた久保田利伸の言葉

    LOVE YOU LIVE! 週刊朝日

     シンガーソングライターでラッパーのKREVAが6月19日にリリースするベストアルバムのタイトルがユニーク。『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』だ。「ソロになって15年になり、その間の成長を聴いていただきたいと思って、タイトルにしました。“全曲バンドで録り直し”もありのま...

  • ORIGINAL LOVEの田島貴男が語る「僕の人生は『接吻』に影響された」

    LOVE YOU LIVE! 週刊朝日

     田島貴男のORIGINAL LOVEの新作『bless You!』が好評だ。「みんなの命を祝福したい思いからできたアルバムが『bless You!』です。実はテーマがなかなか明確にならなくて2,3年考え続けていました。『ゼロセット』『ハッピーバースデイソング』と曲ができていくうちに、自分が思ってい...

  • 元ちとせが語る「お酒を飲んで炬燵で亡くなったお兄ちゃんの三味線の音」

    LOVE YOU LIVE! 週刊朝日

     奄美大島出身で今も奄美で暮らすシンガー、元ちとせが自分の原点である奄美シマ唄を歌い三味線も演奏する『元唄(はじめうた) ~元ちとせ 奄美シマ唄集~』をリリースした。奄美で歌い継がれている「朝花節」「くるだんど節」「行きゅんにゃ加那節」などを圧倒的な歌唱で聴かせる。元ちとせがシマ唄について語ってくれ...

  • ロックバンド・くるりの岸田繁が語る「交響曲第二番」を作った理由 

    LOVE YOU LIVE! 週刊朝日

     東京オペラシティコンサートホールで京都市交響楽団が3月30日、演奏会を行った。この夜のメインの演目は「岸田繁 交響曲第二番」。ロックバンド、くるりのヴォーカリストでギタリストの岸田繁が作曲した交響曲だ。岸田もホールに訪れ、開演前と終演時にフォーマルな服装で挨拶をした。ロックミュージシャン...