第1338回 「ヤバ! 激カワ!!」の二重の美犬 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1338回 「ヤバ! 激カワ!!」の二重の美犬

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 わが家の愛娘「くるみ」(写真、雌)は今年6歳になる。白の豆柴で近所でも評判のくっきり二重の美犬だ。

 私が犬を飼いたいと言っても、夫は床に傷がつくとか、旅行に行けなくなるとか、理由をつけてはやんわりと逃げてきた。それなのに、夫は「くるみ」を見たその日に即断、あれよあれよと手続きを進め、迎え入れることになった。いわゆる一目ぼれってやつだ。

 お散歩デビューの日にお会いしたご近所のご夫妻は、今でも会うたびに「あの時の可愛い白柴ちゃん~」と声をかけてくださる。

 電車に乗れば「犬の世界にも器量の良し悪しがあるんですねぇ、色の白いは七難隠すというけれど、ずいぶんきれいなワンちゃんだ」と感心される。「うちの子に譲ってもらえないか」と住所を書いた紙を握らされたこともあった。

 通りすがりの女子高生の言葉を借りると「ヤバ! 激カワ!!」なのだ。

 あんまりにも可愛い可愛いと声がかかるので、動物病院の先生に「うちの子はそんなに可愛いのか」と真剣に聞いてみたこともある。親ばかみたいだけど……。

 週末は、可能な限りどこに行くにも一緒だ。最近は、私と夫、双方の実家の介護や終活で、毎週のように電車に揺られ、どちらかのおじいちゃんおばあちゃんに可愛いお顔を見せに行く。

 もちろん4人ともメロメロ。おやつを好きなだけもらい、気に入らないカリカリフードにはA5ランクの松阪牛がトッピングされることも。

 おなかがいっぱいになれば一緒にお昼寝し、まさに孫。ここでもまた可愛い可愛いのオンパレードである。

 というわけで、厳しくしつけることはできずじまい、少し気が強くわがまま放題なのが玉にきずだけど、いつまでも可愛い笑顔と幸せを振りまいてほしい。

(伊東直美さん 東京都/46歳/会社員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します




(更新 2019/8/30 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい