第1301回 妻の代わりに一日でも長く見守って 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1301回 妻の代わりに一日でも長く見守って

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ももこ、ビーグル系の雑種です(写真)。白黒で、とてもダンディーですけど、16歳の雌犬です。娘たちがオシャレに変身させようと、よくカラフルな首輪をプレゼントしてくれます。

 人間でいうと80歳以上のおばあちゃんで、この1年の間に体調不良で何度か倒れたことがあり、とても心配しました。

 体調不良の原因は不明だそうです。大好きだった散歩は控えることになりましたが、それではつまらないだろうと、長めのリードに交換したら、庭を所狭しと歩き回っています。

 でも、大の仲良しのご近所犬・アイちゃんが散歩に行くのを見ると、さすがに羨ましそうです。いつも散歩で会う大好きなウーちゃんと会えなくなったのも気の毒です。

 実は妻が、7年前に半年の闘病の末、天国へ旅立ちました。

 家族みんなが、来る日も来る日も泣き続けました。もちろん、ももこも。

 というのも、知人の知り合いの家で生まれたももこを、家族として迎えたのは妻なのです。妻がいなければ、間違いなくももこはこの家にいなかったでしょう。保健所に行くかもしれなかったのです。

 妻はももこの他にも野良猫の世話をするなど、とても心優しい女性でした。

 娘たちは二人とも家を出て、今はももこと二人暮らし。ももこを玄関の中へ入れようとするのですが、外のマイホームが一番落ち着くようです。

 そこで夏はアイス枕と蚊取り線香、冬は湯タンポをしてやっています。フードも小粒の軟らかいタイプを選んでいます。

 ももこには、妻の代わりに一日でも長く、娘や私を見守っていてほしいです。

 まだまだ頑張って、ももこ! だって、お母さんとそう約束したはずだから。

(杉本克敏さん 三重県/60歳/会社員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します







(更新 2018/11/22 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい