ニールセンの最新調査で“衰えないラジオ人気”明らかに

2014/07/03 17:08

 ニールセンの最新調査にて、アメリカではラジオが依然としてよく聴かれていることが明らかになった。オーディオ消費の大部分は、便利さを重視する人々による受動的な聴取だといい、同調査ではオーディオ・リスナーの習慣と好みの形式によって人々を分類している。

あわせて読みたい

  • ニールセン最新調査:ヒスパニック系アメリカ人の9割が毎週12時間半ラジオを聴く

    ニールセン最新調査:ヒスパニック系アメリカ人の9割が毎週12時間半ラジオを聴く

    Billboard JAPAN

    8/7

    米ラジオ局の従業員、聴取率の不正操作を行ない解雇処分

    米ラジオ局の従業員、聴取率の不正操作を行ない解雇処分

    Billboard JAPAN

    6/18

  • デジタル機器での音楽消費がアナログを超える、米調査発表

    デジタル機器での音楽消費がアナログを超える、米調査発表

    Billboard JAPAN

    7/22

    アメリカで12歳以上の9割が毎週ラジオを聴取。調査で明らかに

    アメリカで12歳以上の9割が毎週ラジオを聴取。調査で明らかに

    Billboard JAPAN

    2/18

  • 高橋みなみ×朝井リョウの異色コンビによる“こぼれ話”に期待! ラジオ新番組が2017年元日からスタート

    高橋みなみ×朝井リョウの異色コンビによる“こぼれ話”に期待! ラジオ新番組が2017年元日からスタート

    Billboard JAPAN

    12/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す