樋口可南子、宮沢りえ、黒柳徹子まで… 篠山紀信がヌードを撮り続けるワケ (1/4) 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

樋口可南子、宮沢りえ、黒柳徹子まで… 篠山紀信がヌードを撮り続けるワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
アサヒカメラ
篠山紀信さん(撮影/写真部・長谷川唯)

篠山紀信さん(撮影/写真部・長谷川唯)

 1970年代の“激写”シリーズ、80年代の「週刊朝日」女子大生表紙シリーズ、90年代の樋口可南子と宮沢りえの写真集発売……デビューから今にいたるまで、常に時代を切り開いてきた写真家、篠山紀信。

 アサヒカメラ7月号では写真集「Santa Fe」からの貴重なカットを披露。撮ってないものはない、といわれるほど多作だが、その中でもヌードは彼がいつも見つめてきた対象の一つだ。

 なぜ、ヌードを撮り続けるのか。その理由をたっぷりと語ってもらった。
*  *  *

■原美術館を「当て撮り」

篠山紀信(以下=篠山):最初に聞きたいんですが、なぜ「アサヒカメラ」でヌード特集をやるんですか。

――「見たい」という読者がいるからです。

篠山:事前にもらった質問に、なぜいままでヌードを撮り続けてきたのか?というのがあるんですが、その答えも同じですよ。世の中の見たいって欲望があるかぎり僕は撮るんです。欲望の反映だから。僕は“反映写真家”。みんながヌードなんか興味ないよ、といったら撮らないでしょう、たぶん。

 だからあんまりヌードに興味はない――ないわけじゃないですね(笑)。ないわけじゃないんだけど、それは世の中を反映するために便利だから。社会の欲望を写真にするときにヌードはいいんですよ。だから東京という都市を撮るときにもヌードを置くんです。それで警察が来ることもあるけど(笑)。

――(笑)。秋には原美術館で展覧会が予定されていますね。こちらもヌードだとうかがっています。

篠山:すごくきれいな女性ばかりを30人そろえて撮り下ろしました。タイトルは「快楽の館」。性的な欲望を想像するかもしれないですが、考えてみると、写真家の快楽、僕の快楽ですね。ふだんはメディアの制約のなかで、お客さんの顔色をうかがいながら撮っているわけですが、今回は「自由に撮りなさい。でも全部あんたの責任だよ」と言われている。だから責任が重くて(笑)。

――美術館で撮影したそうですね。

篠山:最初は「アサヒカメラ」で昨年と今年の新年号で発表した「館」シリーズを展示しようかと思っていたんですよ。半分くらいは。でも、館っていったらここが館じゃないか。じゃあ、ここでやろう。やるならここで全部撮らないと面白くないと思いついて。だから全館新作です。


トップにもどる

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい