占い師、作家 しいたけ.
占い師、作家 しいたけ.
この記事の写真をすべて見る

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占い師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

*  *  *

Q:昨年9月に実母が死去しました。急性硬膜下血腫で意識不明のまま1年半入院していたので、覚悟はできていると思っていて、葬儀直後に台風で断水と非常事態なこともあり、考えたり動けたりしました。10月に少し落ち込み休養、その後回復したと思っていました。が、最近少しのことでイライラしたり集中が困難だったりしています。悲しみにひたらなかった影響なのか、解決の糸口がほしいです。(女性/自営業/39歳/てんびん座)

A:お別れや死別といった喪失のダメージは、様々なダメージの中でもトップクラスのダメージではないかと感じます。

 なぜ喪失のダメージはこんなにも大きいのか。僕なりに考えると、それはその人がもう「地続きで存在しない」ことのダメージではないかという気がします。喪失する前は、もし相手が寝たきりのような状態であったとしても、その存在は現在と地続きのものです。その人がそこにいて、温もりや記憶がある。

 でも喪失という一線を越えてしまった時、すべてが過去になってしまう。それがダメージとしてのしかかってくるような気がします。

 葬儀直後に、台風や断水などの非常事態があったということですが、一時的にそれで乗り切れたとしても、やはりその波は必ず後になってやってきます。今現在のほうが、この方にとっては非常事態なんじゃないかなと思うんです。

 結論としては、心療内科やカウンセリングにいくことをお勧めします。

 不思議な話で、人は、自分自身が置かれたつらさをなかなか認めることができません。

「私の頑張りが足りないからだ」とか「これさえ乗り切っちゃえば大丈夫」と限界を乗り越えようとする。

 誰かに言ってもらって初めて「あ、自分はつらかったんだ」と認められる。一種の儀式みたいなもので、自分一人ではそこに到達できないんです。

著者プロフィールを見る
しいたけ.

しいたけ.

しいたけ./占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「しいたけ. 公式サイト」では月刊占いやコラムを連載中。 https://shiitakeofficial.com/

しいたけ.の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
7/14更新:今年のAmazonプライムデーでバスケットボール選手・八村塁さんが狙うアイテムは?
次のページ