上川陽子外相の「失言」は自民党のさらなるマイナス要因になった

人気が高い「次の総理」候補を閣内へ

 自民党では、過去に派閥の推薦を受けずに組閣をした小泉純一郎内閣の例はあるが、それでも派閥はそれなりの存在感があった。

「派閥を気にしなくていい内閣改造なんて、自民党でははじめてのことではないか。そこで岸田首相が、どれだけ求心力のある組閣をできるか。派閥の意向がないので、思い切った適材適所の人選にあたれるか。それで、9月の総裁選の命運が決まる」

 そう語るのは、自民党の政務調査役を務めた政治評論家の田村重信氏だ。

 派閥を解消し、官邸に権力が一極集中するなかでの内閣改造で、
「岸田首相は、政権浮揚・支持率回復のための『オールスター内閣』をもくろむと思います」(田村氏)

 つまり、各社の世論調査で「次の総理」で名前があがるような人気の高いメンバーを、内閣に取り込むという戦略だ。小泉進次郎元環境相、高市早苗経済安全保障担当相、野田聖子元総務相、河野太郎デジタル相、そして石破茂元幹事長らが候補となる。田村氏は、福田達夫元総務会長も有力視されるという。

「河野氏や高市氏らは党の幹事長や外相など、メディアに頻繁に登場し、国民からよく顔が見えるポストに就かせることが大事です。岸田政権に辛口の石破氏は、世論調査で立憲民主党などの野党支持層からも一定の人気があることを加味する必要があります。裏金事件に補選3敗、静岡県知事選も敗退と暗い話ばかりの自民党にあって、気分一新して世論が沸き上がるような内閣改造にしないと岸田首相の続投はないでしょう」(田村氏)

 田村氏は、なかでも「小泉氏のポストが重要」だと言う。
安倍晋三元首相は、小泉純一郎首相(当時)に幹事長に引き立てられ、成長した。岸田首相も、もう2年以上首相の座につき、そろそろ、育てることにも着目すべき。裏金事件で安倍派5人衆などの大物が消えてしまったので、若手を引き立てるチャンスです」

暮らしとモノ班 for promotion
いつもAmazonで買っている水やドリンクがもっとお得に!「飲料サマーセール」開催中
次のページ
入閣を断る人が出てくると…