視聴者を「裏切る」演技が注目されている岡部たかし
この記事の写真をすべて見る

 現在放送中の朝ドラ「虎に翼」(NHK)でヒロイン・猪爪寅子(伊藤沙莉)の父親・直言役として存在感を発揮しているのが俳優の岡部たかし(51)だ。妻(石田ゆり子)に頭の上がらぬ、どこか頼りなさげな役どころだが、帝都銀行に勤めるエリートサラリーマンを演じている。

【写真】「虎の翼」で大注目された憑依型若手女優はこちら

 第21話(4月29日放送)では、直言が贈賄容疑で逮捕され、いつものひょうひょうさが一転、厳しい取り調べやうその自白を強要され、すっかり憔悴(しょうすい)しきった姿に。これを見た視聴者からは「憔悴しきった姿に息を飲んでしまった」「すっかり小さくなってしまった直言パパの背中がつらくて見ていられない」と、心配の声が相次いだ。その後も裁判で無罪をつかみとってからの開放的な表情や、平穏な日々をかみしめるような家族だんらん時の笑顔など、深みある演技が涙や笑いを誘い、視聴者を魅了し続けている。

 実は岡部は前作「ブギウギ」にも主人公の実家の銭湯に通う常連「アホのおっちゃん」として出演。陽気なキャラを好演し、異例の2作連続出演を果たしているのだ。

「岡部さんがブレークしたきっかけは、2022年の長澤まさみさん主演ドラマ『エルピス』でしょう。第1話早々に、ヒロインで女子アナ役の長澤さんに向かって『ババア』『更年期』など、セクハラ暴言を浴びせる番組プロデューサー・村井役を好演。スタート当初は最低な男でしたが、物語が展開するうちに、実は仕事に関して筋を通す人間臭くて憎めない人物だったことがわかるという設定でした。ドラマ後半では、村井がスタジオに乱入し、感情をあわらにするシーンがあるのですが、『村井さんに惚れた!』『脇役から主役に躍り出た回』とSNSも盛り上がり、放送直後はXでトレンド入りしたほど。いい意味で、視聴者を裏切る岡部さんの芝居は本当にすごいと絶賛されています」(テレビ情報誌の編集者)

著者プロフィールを見る
高梨歩

高梨歩

女性ファッション誌の編集者など経てフリーライターに。芸能やファッション、海外セレブ、育児関連まで、幅広いジャンルを手掛ける。活動歴は約20年。相撲フリークの一面も。

高梨歩の記事一覧はこちら
次のページ
岡部を変えた名脇役女優のひと言