森口博子
この記事の写真をすべて見る

 大人のためのアニソンカバーアルバム「ANISON COVERS 2」を8月にリリースすることが発表された、歌手でタレントの森口博子(55)。1980年代から90年代にかけて発表されたアニソンをセレクトしたアルバムで、ジャケット写真では34年ぶりのビキニ姿を披露。これにSNS上では「水着姿が普通に魅力的」「年齢など感じさせない美しさとスタイル」など称賛の声が集まり、「#森口博子ビキニ」というワードがXのトレンド入りを果たすなど、大きな話題になった。

【写真】55歳でも“美魔女”の森口博子はこちら

 85年にテレビアニメ「機動戦士Zガンダム」のオープニングテーマで歌手デビューした森口。その後、アイドルとしては鳴かず飛ばずだったが、90年代にバラドルとして大ブレーク。当時はテレビで見ない日はないほど引っ張りだこだった。一方、来年でデビュー40周年を迎える現在も、ビキニ姿などで何かと話題を振りまいており、ずっと芸能界で生き残っている印象が強い。

「バラエティー番組での露出が多いイメージですが、歌唱力に定評があり、今も歌手として活躍しています。例えば、ガンダムシリーズの主題歌をいくつも担当し、2022年公開のアニメ映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の主題歌『Ubugoe』では、オリコンシングル週間ランキングでトップ10入りを果たしました。さらに、19年から22年にかけて3作リリースされたガンダムソングカバーアルバムシリーズが、累計出荷枚数25万枚を突破するヒットを記録。また、メインMCと歌唱を務めるテレビ番組『Anison Days』(BS11)では、これまで約300曲のアニソンをカバーしています。アニソンが中心ですが、歌手という軸がしっかりあるのも強みだと思います」(テレビ情報誌の編集者)

著者プロフィールを見る
丸山ひろし

丸山ひろし

埼玉県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務し雑誌編集業務に従事。その後ライターに転身し、現在はウェブニュースや、エンタメ関連の記事を中心に執筆している。

丸山ひろしの記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!
次のページ
「白髪の王子様になってる」