第33回森と花の祭典「みどりの感謝祭」の式典に先立つ懇談の場。佳子さまは子どもたちの緊張をほぐすように、身体をかがめて目線を合わせながら優しく話を聞いていた=2024年5月11日、東京都千代田区

 秋篠宮ご夫妻の次女佳子さまは11日、都内で開かれた「みどりの感謝祭」に名誉総裁として出席した。5月のギリシャ訪問も控え、公務で多忙な佳子さま。お疲れの様子が見られたが、子どもたちと交流した後はいつもの「ほほ笑みのプリンセス」へと戻っていた。

【写真】お疲れ気味?の佳子さまから白い歯のパーフェクトスマイルはこちら!

フォトギャラリーで全ての写真を見る

*   *   *

「どんな活動をしているの?」

 姉の小室眞子さんから譲られた青味がかった緑色のワンピース姿の佳子さまは、子どもたちの顔の高さまでぐっとかがみ、その目をのぞきこむようにしながら笑顔で話しかけた。

 森林の保全などを呼びかける「みどりの感謝祭」に出席した佳子さまは、式典に先立ち、緑化活動に取り組んできた人たちを表彰する「みどりの文化賞」の受賞者や緑化活動に取り組む小学生らと懇談した。

 ガールスカウトに所属する小学6年生の女の子は、佳子さまに話しかけられて緊張でガチガチに。しかし、佳子さまはほほ笑みながら、女の子が答えるまでゆっくり待っていた。

「緑の羽根の募金や赤い羽根の募金や、キャンプなどをしています」

 佳子さまに無事に説明することができた女の子は、うれしさでいっぱいだったという。子どもたちに付き添っていた女性も、

「佳子さまは、子どもたちの緊張をほぐしてお話するのが上手でいらっしゃる」

 と振り返った。
 

次のページ