衆院3補選のうち、与野党一騎打ちとなった島根1区では、立憲民主党の前職・亀井亜紀子氏が当選。各種メディアの出口調査では自民党支持者の2~3割が亀井氏に流れた

 自民党派閥の裏金問題は、民意の怒りを浴び、選挙を通じて政治を揺さぶり始めた。衆院3補選で自民党が全敗するという衝撃的な結果を受けて、岸田文雄首相は衆院の解散・総選挙にも踏み切れないまま退陣の道を歩むのか。経済無策も露呈し、岸田自民党が崩壊する足音が聞こえてきた。AERA 2024年5月20日号より。

【写真】話した、配った、握手した。女性4候補者の選挙戦スナップはこちら(全9枚)

フォトギャラリーで全ての写真を見る

*  *  *

「島根1区のようなことが全国で起きたら政権交代もあり得る」という悲痛な叫びが自民党の国会議員から聞かれた。「岸田さんを羽交い締めにしてでも解散させない」と語る若手もいる。

 それでも岸田首相の頭の中からは「解散」の二文字が消えない。なぜか。

 仮に、このまま解散ができずに通常国会が会期末(6月23日)を迎えたら、その後は9月の自民党総裁選に向けた動きが一気に強まる。支持率が低い岸田首相の下での総選挙は避けたいというのが多くの自民党衆院議員の本音だ。裏金問題で処分を受けた安倍派の議員の中には「岸田憎し」の感情も強まっている。だから、総裁選になれば、岸田氏に代えて新しい総裁・首相を選び、人気があるうちに解散・総選挙に踏み切ってもらいたい。そんな意見が党内の大勢を占めているのだ。

 解散なしで総裁選を迎えれば苦戦必至。場合によっては総裁選出馬を断念せざるを得ない。岸田氏はそんな事情を熟知しているからこそ、通常国会中の解散の可能性を探っているのだ。総裁再選を勝ち取って、次の3年間には財政再建や核軍縮など独自の政策を実行したいという「野心」もある。少しでも政権の勢いを取り戻して、解散のチャンスをうかがいたいというのが、岸田氏の本音だろう。そのための課題は二つ。

 まず、景気回復だ。今年の春闘では、大幅な賃上げが実現。加えて6月には1人当たり4万円の定額減税(所得税3万円、住民税1万円)が実施される。人々の手取りが増えて懐が温まれば、政権への支持も高まるはず、という期待の声が岸田氏の周辺から漏れてくる。

次のページ