「鬼」になったCMが話題の山田孝之

 4月3日より放映されている、JTの新CMに俳優の山田孝之(40)が出演し存在感を放っている。「心の豊かさを」をテーマにしたCMで、山田扮する心の豊かさの存在を知らない鬼がさまざまな人間に出会い、心の豊かさに気づいていくというストーリーだ。現在は第1弾「鬼のゆく道 登場」編が放映中で、半世紀以上もひとり山奥で暮らしてきた鬼が人里でおばあさんに出会い、心の豊かさに触れ、胸の内が微かに変化していく姿を山田が繊細に演じている。

【写真】「全裸監督」を演じた山田孝之はこちら

 このCMについてSNS上では、「鬼が素敵だ、引き込まれる」「山田孝之演じる鬼がめちゃくちゃかっけ~」など称賛されている。シリアスからコメディーまで作品ごとに全く別の顔を見せ、演じる役の幅広さで知られる山田。民放のドラマに出ずっぱりというわけでもない山田が、視聴者に対してずっと存在感を放ち続けられるのはなぜか。

「最近は民放連続ドラマの出演こそ少ないですが、NHK大河ドラマやネット配信ドラマで好演を見せています。昨年放送された大河ドラマ『どうする家康』では服部半蔵役で出演。他の作品にも登場することがある半蔵ですが、山田は自信なさげな雰囲気とユーモアを醸し出しながら演じ、新しい服部半蔵像を描き出しました。また、2月にNetflixで配信が開始された『忍びの家 House of Ninjas』では、日本を未曽有の脅威にさらそうとする新興宗教の教祖という悪役を好演。カリスマ性と不気味さとうさんくささも織り交ぜた演技は秀逸でした。もともと演技力には定評がありますが、最近では怪演ぶりが増していることもあり、視聴者の印象に残り続けているのでしょう」(テレビ情報誌の編集者)

著者プロフィールを見る
丸山ひろし

丸山ひろし

埼玉県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務し雑誌編集業務に従事。その後ライターに転身し、現在はウェブニュースや、エンタメ関連の記事を中心に執筆している。

丸山ひろしの記事一覧はこちら
次のページ
役によって食べ物も変える