印象がガラっと変わった、にしおかすみこ

 3月16日放送の「ウェークアップ」(日本テレビ系)で久々に姿を見せて話題となったお笑い芸人のにしおかすみこ(49)。名前を紹介されると、「にしおか~、すみこだよ~。ああーーっ!」と自己紹介ネタを全力で披露。直後に「2007年くらいにはやった一発屋です。すみません」と低姿勢モードに切り替わり、スタジオからは笑いが起きた。久々に彼女を見たという視聴者も多かったようで、X(旧Twitter)では「にしおかすみこ」がトレンド入りするほどだった。

【写真】”ユルふわ女子”の雰囲気になった「にしおかすみこ」はこちら

 ボンテージ姿で手にムチを持った「SM女王様キャラ」として、2007年に大ブレークを果たしたにしおか。お笑い番組「エンタの神様」(日本テレビ系)や「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)などに出演し、お茶の間の人気者となった。あれから17年。一発屋と言われた彼女は今、自身の家族を題材にしたエッセーを執筆し話題となっている。そのタイトルは「ポンコツ一家」。いったいどういう意味なのか。

「連載の第1回の書き出しが『家族紹介。うちは、母80歳認知症。姉47歳ダウン症。父81歳酔っ払い。ついでに私は元SM女王様キャラの一発屋の女芸人、45歳独身、行き遅れ。全員ポンコツである』と、非常にインパクトのある言葉で始まり、読者に衝撃を与えました。しかし、連載を読むと、それぞれが一生懸命生きており、誰もポンコツなわけではなく、にしおかさんは愛情を込めて、自分も含めた家族を『ポンコツ』と呼んでいることがわかります」(女性週刊誌の記者)

著者プロフィールを見る
高梨歩

高梨歩

女性ファッション誌の編集者など経てフリーライターに。芸能やファッション、海外セレブ、育児関連まで、幅広いジャンルを手掛ける。活動歴は約20年。相撲フリークの一面も。

高梨歩の記事一覧はこちら
次のページ
2008年にSMキャラを封印