メイン画像

3月2日(土)頃にかけて寒気が南下し、北陸や東北の日本海側で大雪のおそれ。晴れる太平洋側も風冷えに。5日(火)と6日(水)は広い範囲で雨が降り、気温低下。寒暖差に加え、花粉の大量飛散にもご注意を。

画像A

明日から3月、気象の世界でも「春」の始まりです。ただ、3月スタートの明日1日(金)は、次第に西高東低・冬型の気圧配置となり、冬の空気に入れ替わるでしょう。上空1500メートル付近でマイナス6℃以下(平地で雪が降る目安)の強い寒気が、2日(土)にかけて列島をすっぽりと覆う予想です。また、全国的に北よりの風が強まるでしょう。

明日1日(金)は、九州から関東は明け方まで雨や雪の降る所が多いですが、太平洋側では日中は天気が回復に向かいます。東北南部の太平洋側も、昼頃には雨や雪がやむ見込みです。

一方、山陰から北陸は断続的に雨や雪で、東北と北海道は日本海側を中心に雪が降るでしょう。2日(土)頃を中心に雪の降り方が強まり、ふぶく所もありそうです。3日(日)12時までの72時間予想積算降雪量を見ると、北陸や東北の日本海側で特に多くなっています。大雪による交通への影響に注意、警戒してください。

画像B

次に広い範囲で雨が降るのは、5日(火)から6日(水)にかけて。低気圧が本州の南を進むため、西から雨の範囲が広がる予想です。

4日(月)の午後は九州など西日本で雨が降り出し、5日(火)と6日(水)は東海や関東、北陸も広い範囲で雨が降るでしょう。太平洋側の沿岸部を中心に雨雲が発達しやすく、風も強まりそうです。東北は平地でも雪になる所があるでしょう。令和6年能登半島地震で揺れの⼤きかった地⽅は、地盤の緩んでいる所があり、少しの⾬でも⼟砂災害の危険度が⾼まるおそれがあります。

画像C

この先も雨を境に、気温差が大きくなりそうです。全国的に寒くなるのが、2日(土)頃で、真冬の寒さの所もあるでしょう。東京都心は、2日(土)の最高気温が10℃予想で、前日との差は5℃以上。北よりの風の影響で、気温よりも寒く感じられそうです。

その後、3日(日)と4日(月)は最高気温が15℃前後と、ひと月先くらいの暖かさでしょう。5日(火)は朝からあまり気温が上がらず、グッと寒くなりそうです。

3月に入ると、九州から関東だけでなく、北陸や東北もスギ花粉の飛散が増えてきます。晴れて気温が上がる日、雨の翌日、風が強い日などは花粉が大量に飛ぶでしょう。これまで以上にしっかりと対策をしてください。