入院中の南部さんをお見舞いしたまさみさんとめい子さん(2019年6月9日)
この記事の写真をすべて見る

 電撃ネットワークのリーダー・南部虎弾(なんぶ・とらた=享年72)さんが脳卒中で亡くなってから約3週間。すでに通夜と告別式は執り行われたが、3月23日には都内で「お別れ会」が予定されている。南部さんは2019年に妻がドナーとなり腎臓移植の手術をしているが、その理由は「人工透析をすると(公演で)海外に行けなくなる」というものだった。最期まで「芸」をまっとうしようとした南部さんの生きざまを生前に親交のあった2人の女性が語った。

【写真】美女との撮影でうれしそうな南部さんはこちら

*  *  *

 埼玉県在住のまさみさんとめい子さんが南部さんと初めて出合ったのは、約6年前。東京・新宿区にある「あぶさん」という居酒屋だった。「あぶさん」はその名の通り野球好きが集まる居酒屋で、南部さんも常連の「あぶさん会」という定例会によく顔を出していた。電撃ネットワークのメンバーやタレントのはるな愛さんもよく一緒に飲んでいたという。「あぶさん会」での南部さんの様子をまさみさんはこう語る。

「腎臓移植の手術をした後もステージでは派手な芸をしていて、居酒屋ではトークでみんなを笑わせていましたね。南部さんはエスパー伊東さんと仲がよくて会いたがっていました。でも、最後の方は『間に人が入ってきて会わせてくれない』とちょっと怒っていましたね。エスパーさんことはまさか亡くなるとは思っていなかったみたいです」

著者プロフィールを見る
上田耕司

上田耕司

福井県出身。大学を卒業後、ファッション業界で記者デビュー。20代後半から大手出版社の雑誌に転身。学年誌から週刊誌、飲食・旅行に至るまで幅広い分野の編集部を経験。その後、いくつかの出版社勤務を経て、現職。

上田耕司の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング
次のページ
腎臓移植後はお酒を控えていた