山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師
この記事の写真をすべて見る

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「10代の減量製品に対する最新分析」について、鉄医会ナビタスクリニック内科医・NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

【無料漫画】『高校生の娘が精神科病院に入りバラバラになった家族が再び出発するまで』はこちら

*  *  *

 「やせたい。そしてキレイになりたい」「やせて、かっこよくなりたい」そう思ったことはありませんか?

 私は、過去に何度もそう思ったことがあります。もともとぽっちゃり体型だった私は、高校生の時に過度な食事制限によるダイエットを行い、摂食障害を患いました。

 病識の全くなかった私は、「餓死寸前」まで自分自身を追い込んでしまったのです。

 摂食障害だった自分の状況を理解し、太りやすい体質である自分自身を受け入れられるようになるまで、10年はかかったと思います。

体型を比較し自己嫌悪

 しかしながら、「他の人より、私の方が太い……」と、なぜか体型を比較してしまい、自己嫌悪に陥ってしまうことだけは、克服することができませんでした。

 ドラッグストアで売っている、「やせられる」ことをうたっている商品を試したことも、正直何度かあります。

 結局、効果を感じられず、長期間続けることへの恐怖心から、短期間で使用を中断してしまうことばかりでした。巷で流行するダイエット法も色々試すも、効果はありませんでした。

 幸いにも、日本を離れたことで、どういうわけか、他人と体型を比較することは自然となくなったように感じています。医療費が高いアメリカでは、病気になってはいられません。

 そのため、容姿のためではなく、心も身体も健康でいられるための食生活や運動習慣を強く意識するようにもなりました。今までの自分には、運動習慣が圧倒的に足りなかったことを、痛感しています。

著者プロフィールを見る
山本佳奈

山本佳奈

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。医学博士。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。2022年東京大学大学院医学系研究科修了。ナビタスクリニック(立川)内科医、よしのぶクリニック(鹿児島)非常勤医師、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

山本佳奈の記事一覧はこちら
次のページ
世界の10代の10人に1人が