阪神の矢野燿大監督
阪神の矢野燿大監督
この記事の写真をすべて見る

 開幕9連敗だった阪神。7月4日時点で首位のヤクルトとの差は17ゲームだったが、最大で16あった借金を返済し、2位に浮上。はたして「奇跡の大逆転で矢野燿大監督の優勝勇退」はあるのだろうか。過去の大逆転劇をプレーバックする。

【写真】イチローが「本当の天才」と言った男とは

 1958年、南海に11ゲーム差と離された西鉄は大逆転優勝をはたした。そして63年にも再び南海相手に大逆転劇を演じた。58年はオールスター前で10.5ゲーム差だったが8月以降に急上昇。主役は稲尾和久だった。33勝(最多勝)を挙げ、日本シリーズでは3連敗から4連勝という快進撃の原動力となり「神様・仏様・稲尾様」と崇められた。63年も74試合に投げ24完投、投球回386イニングと異次元の奮闘をみせた。スライダーとシュートを絶妙なコントロールで操り、28勝(最多勝)を積み重ねた。プレイングマネジャーだった中西太にとって2年目でのリーグ優勝だった。14.5ゲーム差逆転は現在でも日本記録だ。

 96年のペナントレースは広島が首位を走り、7月上旬、巨人は最大11.5ゲーム差をつけられていた。広島は「ビッグレッドマシン」の異名を取った強力打線。最終的なチーム打率.281はリーグ1位だった。長嶋茂雄監督は「大逆転劇を作り上げる」という意味で、「メークドラマ」という言葉を使って巨人ナインの奮起を促した。

 ドラマの始まりは7月9日だった。広島との直接対決で9者連続安打、7得点を挙げて大反攻が始まった。さらに8月29日、新人の仁志敏久の打球がイレギュラーバウンドして広島の江藤智の顔面に直撃した。広島は4番・江藤の戦線離脱により失速した。その後、追撃してきた中日との戦いを制し、「メークドラマ」は完結する。松井秀喜や落合博満らが4番に座り、斎藤雅樹とガルベスが16勝で最多勝のタイトルを分け合ったシーズンだ。

 巨人は2008年にも大逆転劇を演じている。その年、巨人は開幕5連敗でスタートし、7月8日時点で阪神に13ゲーム差をつけられていた。阪神は7月22日に優勝マジック46が点灯。だが、北京五輪に藤川球児、新井貴浩、矢野輝弘(現・燿大)を派遣して以降、チームの調子は下降する。当時は五輪期間中もペナントレースを中断していなかった。岡田彰布監督はV逸の責任を取る形で、このシーズン限りで退任した。一方の巨人は原辰徳監督の第2次政権の3年目。巨人も上原浩治や阿部慎之助を五輪に派遣した。しかし、9月に破竹の12連勝。この大逆転は「メークレジェンド」と呼ばれた。

暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング
次のページ