パトリック・ハーランさん
パトリック・ハーランさん
この記事の写真をすべて見る

 ハーバード卒のパトリック・ハーラン(パックン)でも、短期投資で手痛い失敗をした経験があります。そのときに気づいたのが「長期投資」の重要性。そこで「パックン式 投資のセオリー」を、いまさら聞けない「お金の基本」から手堅くお金を増やす方法までしっかりカバーして書き上げた初のお金の本『パックン式 お金の育て方』から、一部を抜粋・再編して大公開します。

*  *  *
■ハーバード式よりも手堅い「長期投資」とは?

 ハーバード大学を卒業したって、僕みたいに短期投資の失敗をすることだってあります。

 そう考えると、「ハーバード式」の賢さで勝負するよりも、もっと肝に銘じておくべき大切なことがあります

 それが、とにかく長期投資をすること。

 10年よりも20年、20年よりも100年、できれば1000年!

 ……といっても、人間には寿命があるからね。

 自分が生きているうちにパッシブインカムをたくさん得たいなら、できるだけ早く投資を始めなくてはいけません

 株価は長期的に見ると成長する可能性が高いから、長期投資がいいと言いましたが、理由はそれだけではありません。

 ここで大切になってくるのが、「複利」です。

 ここで軽くおさらいしましょう。

 複利とは、元本だけでなく、利息にもさらに利息がつくことでしたよね。

 雪山で雪玉を転がすと、だんだん大きくなっていくように、複利で投資をすると、利益がどんどん膨らんでいきます。

 たとえば、100万円のお金を持っているとしましょう。これを現金のままで持っていたら、何年経っても100万円のままです。

 でも、100万円を投資すれば、一般的な利益率でも10年おきに倍になるのはまったく珍しくありません。

 信じられないかもしれないけど、これは本当の話なんです。

 実際にどれくらい利益が出るかは利率にもよりますけれど、投資の利率なら「年7%は手堅い」と考えています。

 これはアメリカの株式市場の成長率をもとに、インフレ率や税、証券会社に払う手数料を加味した目安です。

 保守的に考えたい人は、4%くらいを目安にしておいてもいいでしょう。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!
次のページ
早く始めるほど、お金は育つ!!