「あさが来た」効果はここにも 女子大志願者が微増

週刊朝日
 近年減少傾向が続き、今年は文系学部の復調で志願者が流れ、苦戦を強いられるかと思われた女子大への出願状況。が、ふたを開ければ0.7%増と、さらなる減少は回避した。

 大学通信ゼネラルマネージャーの安田賢治さんは、こう話す。

「女子大離れが底を打った感があります。受験生が減れば入りやすくなりますから、安全志向から志願者が戻り、結果として微増したのではないでしょうか」

 今年の出願状況を見ると、昨年から志願者増となったベスト3は、昭和女子大、日本女子大、十文字学園女子大。

 目を引くのは2位の日本女子大だ。昨年は2017人減の憂き目にあったが、今年は一転、1万1819人で、昨年比15.3%増と挽回した。NHK連続テレビ小説「あさが来た」の影響は大だ。

「ドラマがスタートした昨秋以降、説明会等で『あさが来た』の学校ですよね?とよく言われるようになりました。皆さん、良いイメージを持ってくださっているようですね」(日本女子大入学課・河村宗昭課長)

 志願者増傾向の女子大の旗手、昭和女子大は今年も盤石の伸びだった。志願者数9750人(2月9日現在)は昨年比23.2%増。大学通信の安田さんは同大の強みを、“就職力”に見る。

「就職活動で結果が出ない学生を秋の段階で呼び、どこが悪かったかを聞いて、もう一度チャレンジさせる。くじけそうな心を立て直す支援が手厚い。相談制度も充実していますね」

 卒業生千人以上の大学が対象の「全国240大学実就職率ランキング」(大学通信調べ)で、同校の就職率は5年連続で女子大トップをマーク。昨年の就職率は93.9%だった。

 同大広報部長の保坂邦夫さんは、学生をフォローする社会人の「メンター制度」の効用を説く。「現在のメンターは300人。卒業生は1割もおらず、みなさん別の大学出身です。『自分が学生のころ、こんなシステムがあったらよかった』という気持ちで引き受けてくださっています。また、教員や職員が一体となって学生一人ひとりをサポートし、決して孤独にさせないことも売りですね」

 そして、3位の十文字学園女子大。

「2015年度に健康栄養学科、文芸文化学科を立ち上げた改革の結果だと考えております」(学生募集部・藤井宏昌部長)

「資格がとれるし、学科が増えて選択肢が広がったことが大きい」(安田さん)

 新学部・学科創設が奏功した典型例といえるだろう。

 女子大には従来、外国語教育、就職の面倒見、資格取得などに利があるとされる。女子生徒に受験を勧める高校教諭も少なくない。入試日程が他大学に比べて早いので、まず一つ合格をとって精神的に楽にさせようと、受験させるケースも多いという。

 だが、少子化で私大の半数近くが定員割れの時代。男女共同参画の流れで一時は存在意義も問われた女子大は、志願者減の傾向を止めようと、さまざまな取り組みを続けてきた。今年の微増を、本物の復活の兆しにできるのか。

「都心回帰のキャンパス移転、新学部創設に加え、キャリア教育の充実もますます求められていくでしょう」(安田さん)

※週刊朝日 2016年2月26日号
サイトで見る
Outbrain