男子校の雰囲気、東大が打破へ 独特の「仲間うちの文化」とは

東大

2023/01/14 07:00

 東京大学が女性の教授・准教授を6年間で現在の1.5倍にし、男性偏重を改善する。なぜ女性の教員が少なかったのか。どんな弊害があったのか。AERA 2023年1月16日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 女性教員の比率は10%台 女性にとって不利な「無意識のバイアス」とは

    女性教員の比率は10%台 女性にとって不利な「無意識のバイアス」とは

    AERA

    1/15

    職員の65%が女性の慶応大 女子の大学進学率にも影響

    職員の65%が女性の慶応大 女子の大学進学率にも影響

    AERA

    11/4

  • 「一緒に笑えば共犯者になる」 上野千鶴子が語る、東大に残る性差別とは

    「一緒に笑えば共犯者になる」 上野千鶴子が語る、東大に残る性差別とは

    東大新聞オンライン

    1/6

    東大、理工系「女子1割」現状打破なるか 「出張授業」に女性研究者の講演会も

    東大、理工系「女子1割」現状打破なるか 「出張授業」に女性研究者の講演会も

    AERA

    1/23

  • 東大の「女子限定」家賃補助 ずるい? それとも…?

    東大の「女子限定」家賃補助 ずるい? それとも…?

    AERA

    12/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す