羽生善治に名人戦で将棋史上に残る大逆転負け 森下卓が明かす対局中に考えていたこと

棋承転結

2022/12/05 18:00

 AERAの将棋連載「棋承転結」では、当代を代表する人気棋士らが月替わりで登場します。毎回一つのテーマについて語ってもらい、棋士たちの発想の秘密や思考法のヒントを探ります。渡辺明名人、「初代女流名人」の蛸島彰子女流六段、「永世七冠」の羽生善治九段らに続く21人目は、「日本将棋連盟常務理事」の森下卓九段です。発売中のAERA 2022年12月12日号に掲載したインタビューのテーマは「印象に残る対局」。

あわせて読みたい

  • 62年ぶり最年少記録更新の中学生棋士は何故強い?

    62年ぶり最年少記録更新の中学生棋士は何故強い?

    AERA

    9/18

    羽生vs藤井 数々の記録を持つレジェンドと若きスーパースターのドリームマッチ開幕へ

    羽生vs藤井 数々の記録を持つレジェンドと若きスーパースターのドリームマッチ開幕へ

    AERA

    1/8

  • 14歳藤井四段×羽生三冠 対局実現の舞台裏

    14歳藤井四段×羽生三冠 対局実現の舞台裏

    AERA

    5/9

    王将戦、まずは藤井が先勝 令和の歴史的対局、注目は“羽生の作戦と藤井の一手“

    王将戦、まずは藤井が先勝 令和の歴史的対局、注目は“羽生の作戦と藤井の一手“

    AERA

    1/17

  • 羽生名人「一気の4連勝」 3度目の復位を振り返る

    羽生名人「一気の4連勝」 3度目の復位を振り返る

    週刊朝日

    5/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す