女だからと押し付けられることには「なめんなよ!」 枝元なほみがキッチンから見た社会問題とは

AERA「現代の肖像」

現代の肖像

2022/11/13 18:00

 料理研究家、枝元なほみ。捨てられる食べ物がある一方で、今日の食事に困る人がいる。「夜のパン屋さん」は、そんなねじれを解消する取り組みだ。売れ残ったパンを集め、ビッグイシューの販売員が販売する。この「夜パン」の発起人が、枝元だ。台所から見えてきたのは、フードロスや農業、貧困などの社会問題。女性に押し付けられる理不尽さをかわしながら、未来をつくりだす。

あわせて読みたい

  • フードロス問題への“もやもや”の正体 <料理研究家・枝元なほみ×農業工学者・藤原辰史対談>

    フードロス問題への“もやもや”の正体 <料理研究家・枝元なほみ×農業工学者・藤原辰史対談>

    dot.

    11/24

    女友達同士の“ゆる同居” 伊藤比呂美と枝元なほみの場合

    女友達同士の“ゆる同居” 伊藤比呂美と枝元なほみの場合

    週刊朝日

    6/14

  • 「夜のパン屋さん」を生み出した料理研究家・枝元なほみさんの“フードロス”との闘い方

    「夜のパン屋さん」を生み出した料理研究家・枝元なほみさんの“フードロス”との闘い方

    dot.

    10/18

    【東北の心意気 その1】作る人もハッピーに 笑顔ひろがる「にこまるクッキー」

    【東北の心意気 その1】作る人もハッピーに 笑顔ひろがる「にこまるクッキー」

    dot.

    3/11

  • 「タレが響く」? 誰もがその表現にうなる、詩人による食エッセー

    「タレが響く」? 誰もがその表現にうなる、詩人による食エッセー

    AERA

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す