体育館に行くだけで倒れ、医師の指示で退部 いまも部活動に残る指導者の暴力と暴言

2022/07/31 08:00

 今春、強豪の秀岳館高校サッカー部のコーチの暴行問題が騒動となったが、健全な心身を育成するはずの部活動で、暴力や暴言で心を病む子どもがいる。いまもなお、部活動に暴力や暴言がはびこっている。AERA 2022年8月1日号の記事から。(前後編の前編)

あわせて読みたい

  • なぜ部活動の暴力はなくならないのか? 背景に指導者個人の資質と過度な勝利至上主義

    なぜ部活動の暴力はなくならないのか? 背景に指導者個人の資質と過度な勝利至上主義

    AERA

    8/1

    「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    AERA

    5/25

  • 部活で起きる「男子への性的暴行」知られざる問題

    部活で起きる「男子への性的暴行」知られざる問題

    東洋経済

    10/21

    部活顧問のパワハラを絶対に許さない 対抗の鍵は「教育委員会とSNS」

    部活顧問のパワハラを絶対に許さない 対抗の鍵は「教育委員会とSNS」

    AERA

    1/4

  • 秀岳館サッカー部暴力問題でカンニング竹山が思ったこと「暴力はダメなものはダメ」
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    秀岳館サッカー部暴力問題でカンニング竹山が思ったこと「暴力はダメなものはダメ」

    dot.

    5/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す